無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第92話

その後2
アナウンスがはいり、飛行機が着くのを待った。




























少し経ってからたくさんの人が降りてきた。



















私は必死になってグクを探した。






















けれどもそこに彼の姿はなかった。













me
me
いるわけ…ない…よね…。























私が席から立ち、出口へ向かおうとした時に後ろから誰かに声をかけられた。


























" あなた…? "