無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

840
2018/09/04

第10話

じゅう
季節は体育祭。
りらちゃんたちは何するか決めてるよね(語彙力
ジミン
ジミン
りらちゃん何するの?
りら
りら
私は借り物競走かな
体育祭って借り物競走ってあるのかな
ま。いっか
りら
りら
ジミンくんは〜?
ジミン
ジミン
んー。僕はりらちゃんを応援する係
どういう係だよㅋ
ちょん
ちょん
それ俺の係なんだけど
りら
りら
ちょんくん。
ちょん
ちょん
おい。餅
俺の係取らないで欲しいんだけど
りら
りら
でも。そんな係ないよね?
ちょん
ちょん
ん。
とか言って黒板刺すよね
見たらさ。「りらを応援する係」があるし
りら
りら
なんであるの?
ちょん
ちょん
あーあそこの女子に頼んだ
見たらその子ちょんと話せたことが
嬉しすぎて倒れてるよね
ジミン
ジミン
それって何人までいいの〜?
ちょん
ちょん
知らね。
ジミン
ジミン
じゃあ僕も
今度はちむが行くよね
その子起きたら今度はちむいるし
話しかけられるまたもや倒れます
(ほんと語彙力のなさみあね
ジミン
ジミン
いいって〜
りら
りら
じゃあ私はちょんくん応援する
りら
りら
あとジミンくんも
付け足し感があったからちむ端っこに行って泣きます