無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
310
2021/09/09

第1話

始まり
キキーッ!!ドン!
モブ1)キャー!
モブ2)男性と女性が!



私の親が事故にあった。
それから数日後













モブ達)あなたちゃん親御さんが亡くなって可愛そうね・・・
モブ達)ほんとね。誰が世話するのかしら?
モブ)私は自分の子でいっぱいだわ。
モブ達)私達もよ。
モブ)これ以上増やせないわ。
モブ)施設に入れましょ?
モブ達)いいわね




そんな感じで、施設に入れられた。
それからどのぐらいだったのだろう。
施設のパソコンで動画を見ていた。
(なまえ)
あなた
日常組?面白い!
クロノアって人可愛いな〜
私は日常組の動画を見つけた。
そこからメンバーのクロノアさんを推していた。















そんなある日
???
すみません。
あそこにいる女の子と少し話せませんか?
施設長)かしこまりました!少々お待ち下さい!


︎︎
施設長)あなたちゃん!お話したい人来たよ?
(なまえ)
あなた
わかりました
私は誰かに呼び出された。
誰だろう


︎︎


施設長)お待たせ致しました〜
???
ありがとうございます
施設長)それでは終わりましたらお呼びください。


︎︎
???
まず、俺の自己紹介するね!
俺の名前はクロノア!よろしくね
(なまえ)
あなた
クロノアさん?
よろしくお願いします
クロノア
クロノア
あなたちゃんね!よろしく
(なまえ)
あなた
私の名前はあなたです。
よろしくお願いしますm(__)m
そこから話して
クロノア
クロノア
それじゃあお話終わろうか。
ちょっとまっててね
(なまえ)
あなた
あ、はい。











クロノアside
施設長)どうでしたか?
クロノア
クロノア
えっと、あなたちゃん引き取りたいです
施設長)本当ですか!?ありがとうございます!
それではこちらに記入をお願いします!







数分後・・・
施設長)あなたちゃん!お父さんが決まったよ!おいで
(なまえ)
あなた
本当ですか!?
施設長)ああ、本当だ!
名前はクロノアさんだ!
クロノア
クロノア
よろしくねあなたちゃん!
(なまえ)
あなた
よろしくお願いします!