無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

電話
みんなの話の内容少し聞こえてた
私の好きな人の話だった
たしかに私には好きな人がいる
でも…誰にも話したことはない
なのに、凛星は知っていた
なんで?
私…態度とかに出てたのかな?
.•*¨*•.¸¸♬
誰だろう
あっ!薮からだ!
あなた

もしもし

薮宏太
もしもし
あなた

どうしたの?いきなり電話なんかしてきて

薮宏太
いや…なんとなくあなたと話したいな〜って思ったから
あなた

そっか!
私も話したいって思ってたよ

薮宏太
ホントか?
あなた

うん

薮宏太
ならよかった
あなた

薮が話したいことってなに?

薮宏太
俺の話したいことはね、あなたの好きな人の話
あなた

えっ!私の好きな人?!

薮宏太
うん…誰かな〜って思って
あなた

そっか

薮宏太
いるんでしょ?好きな人
あなた

いるよ
でもなんで私に好きな人がいるってこと知ってるの?

薮宏太
噂だよ
今学校中であなたに好きな人がいるって噂になってる
あなたは学校で1番人気のある女の子だからね!
あなた

そうなの?

薮宏太
そうだよ
あなた

ふーん

薮宏太
ふーんって…
で、誰なの?あなたの好きな人
あなた

私の好きな人は…

薮宏太
好きな人は?
あなた

伊野ちゃん…じゃなくて、雄也…じゃなくて、光くん…じゃなくて……薮!薮宏太だよ

薮宏太
俺?
あなた

うん 薮は?いるの?

薮宏太
いるよ
あなた

誰?

薮宏太
あなただよ
あなた

えっ!

薮宏太
ずっと好きだった
俺と付き合ってほしいんだ
あなた

いいよ

薮宏太
ホントか?
あなた

うん!私が嘘言うと思う?

薮宏太
思う
あなた

即答で言わないでよ
これはホントなんだから

薮宏太
そっか!ならよかったよ


















⚠︎途中に出てくる凛星はテキトーに考えた名前です