無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

看病
*宏太*
あなたのやつやっぱり体調悪かったんだな。
頭痛い言ってたしな…
彼氏だというのになんでもっと早くに気づいてやれなかったんだろ。
あなた

ふぁ〜(あくびをする

薮宏太
起きたかあなた
あなた

ここ…ど…こ…?

薮宏太
俺の家
あなた

なん…で…?

薮宏太
あなた覚えてねぇの?
あなた

な…に…を?

薮宏太
お前、遊園地の帰り道に倒れそうになってただろう!
あなた

そ…う…な…の…?

薮宏太
うん
あなた

そっ…か…あ…り…が…と…

薮宏太
あなた!まだ話すな
あなた

わかっ…た…

あなたのやつまだ苦しそうにしてる。話すのが辛そうだもんな
なんで俺は気づいてやれなかったんだ!
あなた

ハァ…ハァ…(苦しそうに

薮宏太
あなた?!大丈夫か?
あなた

………

薮宏太
やっべぇなこれ!熱あるぞ!
体温計らせよう!
薮宏太
あなた少しだけ起きれるか?
あなた

コク(小さく頷く

何度くらいあるんだろうな
結構おでこ触った感じ高そうだったけどなぁ〜
-ピピー
何度だ?
えっ?!
38.9?!
これやべぇな
薮宏太
あなた病院行くぞ
あなた

コク(小さく頷く

薮宏太
もしもし大ちゃん?
車出してくんねぇ?あなたを病院まで連れてってやりたいんだ
有岡大貴
了解
薮宏太
ありがとう