無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

変わった気持ち
伊野ちゃんと光くんと、あなたのLINE
あなた

やっぱり私4人といてわかった。1番そばにいたのは確かに宏太だった。けど、いつも私のことをすぐに分かってくれるのは伊野ちゃんだった。そう思うの。だから私は宏太とは別れる

伊野尾慧
えっ?
八乙女光
嘘だろ?あなた
あなた

嘘じゃない。

伊野尾慧
あなた本気で言ってるの?
あなた

うん。本気だよ

八乙女光
このこと薮くんに言った?
あなた

言えるわけないよ!

八乙女光
だよな
伊野尾慧
あなたがそう思うならいいんじゃない?
あなた

伊野ちゃん…

伊野尾慧
あなたと付き合いたいって正直思ってたし、心の中では別れてくれないかな?とか思ってたりもしてたんだよね。実は
八乙女光
おいっ!伊野尾
あなた

伊野ちゃん、そうだったんだね

伊野尾慧
そうだよ
あなた

そしたら私は今日からは伊野ちゃんのものだね

伊野尾慧
そうなるかも
八乙女光
おいっ!
あなた

かもじゃなくてなるの!

伊野尾慧
分かったいいよ
あなた

ありがとう

あなた

今から宏太に、別れ告げてくるね

伊野尾慧
分かった
八乙女光
おう
宏太とあなたのLINE
あなた

ねぇ、宏太

薮宏太
なに?
あなた

話したいことがあるの

薮宏太
いいよ
あなた

実はね、もう宏太のこと好きじゃないの。確かにさ、私と宏太は一緒にいることが多かった。けどね、一つ思ったことがあるんだ。
私の変化に1番に気づいてくれたのは伊野ちゃんだったんだ。

薮宏太
えっ?嘘だろ?
あなた

ううん。嘘じゃない

薮宏太
つまり、俺とは別れたいってこと?
あなた

そうなるね

薮宏太
嫌だよ!俺は別れたくない!
あなた

宏太、もう遅いよ。私はもう伊野ちゃんのものになってるから

薮宏太
はぁ?嘘だろ
あなた

嘘じゃないよ

薮宏太
もう分かった。いいよ。別れる
今までありがとな
1番に気づけなくて悪かったよ
あなた

うん