無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

始業式
月日が経つの早いもので、もう3年生
大ちゃんは2年生
あなた

早いねもう3年だよ

伊野尾慧
ホントだね
薮宏太
あなたと付き合って1年になる日がくるなぁ〜(ボソッ
八乙女光
薮くんなんか言った?
薮宏太
ううん!何も言ってない
八乙女光
ふーん なんか怪しい
増田貴久
早く自分たちクラスの前の廊下に並べ!
-始業式開始
ただいまから始業式を開始いたします
一同礼

腰を下ろしてください


30分後
始業式終了
伊野尾慧
担任手越先生だったね
あなた

そうだね

八乙女光
もしかして薮くんとクラス違うから寂しいの?
あなた

うん

伊野尾慧
5年間同じクラスだったもんな
八乙女光
そりゃ〜寂しいよな
あなた

うん

伊野尾慧
薮ちゃんなら毎時間来てくれるでしょう
八乙女光
そうだよ薮くんなら来るよ
あなた

そうだね