無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

自己紹介パート2
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
みなさーん,今から楽しいゲームを始めるので起きてください。
以下省略(第2話の始まりとおんなじです。内容は)
リュウ
リュウ
無言でいるのは楽しくないので自己紹介をしましょう。
ハルト
ハルト
おっそれ。いいじゃん
んじゃ,俺が先にやるな!

桜蘭高校に通う,1年のハルトで特技は,クイズだ。よろしくな
リュウ
リュウ
先にやってくれてありがと。ハルト君
ハルト
ハルト
おっおう
ケイ
ケイ
次は俺がやるな!

乙羽学園に通う,1年のケイだ。
特技は,喧嘩で喧嘩なら誰にも負けねぇからな。
ソラ
ソラ
じゃあ。次は俺な

桜蘭高校に通う,1年のソラ。
天然キャラでみんなに迷惑をかけちゃうと思うけどよろしく。
リュウ
リュウ
最後は嫌だから俺がやる。

乙羽学園に通う,1年のリュウだ。
特技は双子の兄弟をみわけることとピアノを弾く事だ。
サク
サク
最後は俺か・・・

乙羽学園に通う,1年のサクでこのゲームに参加した・・・あっなんでもねぇから忘れてくれ。
ケイ
ケイ
そんなこと言わずに教えてくれよ。
なっいいだろ
サク
サク
話しても無意味だ。
ケイ
ケイ
そおか。
突然,アナウンスが鳴り響く
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
皆さん,校舎の中に鬼がうろついてます。もし捕まったら殺させちゃうので頑張って逃げてください。
あっそれから体育館に来れば助かりますので早めに来てくださいね。
それではまた
ソラ
ソラ
あれっ男の人じゃないね。
女子もいるのかな?
ハルト
ハルト
そう言えばそうだな。
サク
サク
はぁっまた死人がでるのか…
リュウ
リュウ
サクさん,何か言いましたか?
サク
サク
なんもいってねぇよ。
ほらはやく行かないと殺されちまうぜ。
ケイ
ケイ
だな。んじゃ行くか
ケイの言葉でみんなは体育館に向かうのであった