無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

秘密…
ガチャ
あなた達がいる体育館のドアが開き…
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
サクさん,ちょっといいでしょうか?
サク
サク
あっわかった
ミナ
ミナ
なんの話なんだろうね
ケイ
ケイ
だなぁ〜
廊下にて…
サク
サク
どうしたんだ?
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
お前が何故参加したか知ってるか?
サク
サク
俺がこのゲームの真相を後一歩のところまできてるからだろ?
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
それもあるが以前参加した人達を消す計画が立てられていてな。それでお前が選ばれた。
サク
サク
だからか…
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
だが,安心しろ。このゲームはどうやら,終わるみたいだ。だからお前が死ぬことはないだろう。
サク
サク
それは助かった。だかお前は,何故俺だけに言いにきた?
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
お前を助けたいからだ。この俺みたいにはなって欲しくないからな…
サク
サク
何言ってんだ!
俺に向かってそんなことは言うな。
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
あぁ,わかってる。
青鬼
青鬼
おい,リク!
そんなことを伝えたらいけないだろ!
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
そんなことは知ってる。だからこのことは言わないでくれ
青鬼
青鬼
なんかくれるんだったらいいぞ!
サク
サク
何かってなんもあげれないぞ…
青鬼
青鬼
そんなの嘘だ。俺もこのゲームは終わりたいだから誰にも言わない
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
それは有難い。
万が一行った場合はわかってるだろ?
サク
サク
あぁ,わかってる。
青鬼
青鬼
わかった!
さて,青鬼は何故,サクたちの話を聞いていたのか…
それを知るのは先の話……