無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

休憩
あなた
あなた
あのっ自己紹介しませんか?
マリ
マリ
さっき自己紹介したばっかじゃん
あなた
あなた
男子の方もいますし…
ミナ
ミナ
そうよ。あなたが言ってる通り男子の方もいるしさ
マリ
マリ
わかった。
再び自己紹介を始める(自己紹介は第3話と第4話をご覧ください)
ケイ
ケイ
自己紹介したのにこの静かさはなんなんだ
クレア
クレア
何か話をしましょうよ。
リュウ
リュウ
そうやな。
ソラ
ソラ
何故みなさんはどうしてここにいるんですか?
あなた
あなた
それがわかんないんだよね。
マリ
マリ
そそ。
ハルト
ハルト
俺も知らないなぁ〜
ソラ
ソラ
僕もここにいる意味わかんないのでおんなじなんですね
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
みなさん,よく聞いてくださいね。
この場所に鬼が近づいてるみたいなので体育館に隠れてください。
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
あなたさん,リュウさん,ケイさん,ミナさんは私たちについてきてください。
クレア
クレア
えっ私たちも連れて言ってよ
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
それはできません。早く隠れないと死にますよ。
ハルト
ハルト
ほらっ早く隠れようぜ
また,突然かくれんぼが始まる
(話の途中ですが次回に続きます)