無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

盗み聞き
青鬼
青鬼
今回もここでやめちまうのか?
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
えぇ,そのつもり
青鬼
青鬼
そうか…
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
あの,あなたが目を覚ましました。
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
よかった…
青鬼
青鬼
んじゃ,あれかこのゲームは実行か?
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
いえ,このゲームは続けない。
続けてしまったらサクがこのゲームの事実を知ってしまう。
青鬼
青鬼
そうだな。まず,あなたが生きていてよかった。
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
そうね。
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
あの,少しだけサクと話してもいいですか?
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
いいわ。そのかわりこのゲームのことについては語らないで
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
わかった。
サク
サク
やっぱり,このゲームは裏があるんだ…
リサ達が話してるのを聞いてしまった,サク
さてリクはサクに何を伝えたいのか
そしてこのゲームの真実は


※今回は短いのですが次回の作品もお楽しみ
投稿が遅くなりすみません