無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

自己紹介
ミナ
ミナ
あっそういえば自己紹介しようよ。
沈黙だとつまんないし
マリ
マリ
そうだな!
じゃあ,誰からやる?
あなた
あなた
あっでは,私からやります。

えっと乙羽学園に通うあなたです。
学年は,一年生で特技は,裁縫とピアノを弾くことです。よろしく
ミナ
ミナ
次は,私がやるね!
桜蘭高校に通う1年のミナです。
ちなみにあなたとは中学生からの友達です。
特技は,足が速い!よろしくね。
マリ
マリ
あなたさんとミナさんは知り合いなんだ。(友達)
あなた
あなた
中学からの友だちだよ!
高校に入ってからなかなか会えなかったけどこうして会えたのもあの人のおかげかもね。
ミナ
ミナ
そうね。でもこの後殺し合いをするって言ってたからなんか嫌ね
あなた
あなた
まぁ嫌だけどさ…
マリ
マリ
暗い話はやめて自己紹介の続きをしようぜ!
ミナ
ミナ
そうね。暗い話をしてもつまらないし
マリ
マリ
んじゃ。次は俺からやるな

桜蘭高校に通う1年のマリだ。
言葉遣いは荒いけどあんま気にすんなよ。それから特技は特にないけどよろしく
ミナ
ミナ
私とおんなじ学年の子なんだ。
マリ
マリ
そうだな。
あなた
あなた
じゃあ次は,アリスさんね。
アリス
アリス
あっはい。

乙羽学園に通う1年のアリスです。
えっと特技は,ピアノを弾くことです。よろしくお願いします。
突然,アナウンスが鳴り響く
ゲームの司会者(リサ)
ゲームの司会者(リサ)
皆さん,校舎の中に鬼がうろついてます。もし捕まったら殺させちゃうので頑張って逃げてください。
あっそれから体育館に来れば助かりますので早めに来てくださいね。
それではまた
アリス
アリス
えっと,皆さん,早く行きましょ
マリ
マリ
そうだな。
あなた,アリス,ミナ,マリは,急いで体育館に向うがそこには…