無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

開始(りくチームの話)
アナウンス『さぁ〜今宵も始まりました〜!今から殺し合いのゲームを始めます。どちらかのチームが全滅した場合は,ゲームは終了ですが4時間後までに全滅しなかった場合は,両方の勝利ですので頑張ってくださいね。あっそれから必ずしも一人は殺してくださいね。誰も殺さない場合は,両方のチームが敗北とみなし私が殺しに行くのでその時は,よろしくね!それでは,4時間後会いましょう!』
マリ
マリ
みんな,行ってら〜
アリス
アリス
作戦も立てずに行くつもりなの?
ハルト
ハルト
作戦なんて必要ないっしょ
ゲームの司会者(リク)
ゲームの司会者(リク)
作戦は,立てない方がいいですよ。
アリス
アリス
あのさ,私もマリさんと一緒に待ってもいい?
ハルト
ハルト
別にいいよ。てかささっと行って終わろうぜ
青鬼
青鬼
じゃあ,行きますか!
マリとアリスは体育館で待ち他の人たちは,移動するのであった…
ハルト
ハルト
会議室のとこで待ち伏せしてればいつかは,殺せるから行ってみよ〜
ルナ&ルカ
ルナ&ルカ
私も一緒に行きます
ハルト
ハルト
んじゃ行くか
青鬼
青鬼
あれっ行っちゃいましたね〜
サク
サク
(絶対,俺のことなんて忘れてるよなぁ)
サク
サク
(青鬼について行ってみよ〜)
青鬼
青鬼
誰かいないかなぁ〜
サク
サク
(青鬼のやつ,あっさり見つかってそして死んじまってる)
一方ハルト達は…
ルナ&ルカ
ルナ&ルカ
ハルトさんは,殺すことになんの抵抗もないんですね。
ハルト
ハルト
抵抗というかそもそも殴ることはしょっちゅうやったからいつ人が死んじまってもいいやって思うようになったから抵抗は感じないな
ルナ&ルカ
ルナ&ルカ
そうだったんですか…
ハルト
ハルト
そろそろ着くな。んじゃここで待ち伏せしてみるか…
ルナ&ルカ
ルナ&ルカ
あっはい
一方サクは…
サク
サク
おいっ青鬼
本当に死んだのか?
青鬼
青鬼
あのっサクさん,蹴らないでもらえませんか?
サク
サク
うわっ,こいつ生きてる
青鬼
青鬼
そんなに驚かないでくださいよ〜
僕は,簡単に死なないので安心してくださいよ。まぁ〜あの2人は,死にますが…
サク
サク
お前だけ特別ってわけなのか…
青鬼
青鬼
そうゆうことですね。ちょっと体が痛いので戻りますか…
サク
サク
おっおうよ。
ハルト達は…
ルナ&ルカ
ルナ&ルカ
ハルトさん,一旦隠れて相手の作戦をききましょ
ハルト
ハルト
そうだな。
ルナ&ルカ
ルナ&ルカ
どうやら,女子だけで行くみたいですね…
ハルト
ハルト
だな。じゃあ,どこかで待ち伏せして殺すか!
ルナ&ルカ
ルナ&ルカ
はいっ!!
ここから物語は,急変します!
(少しだけネタバレ・・・主人公は次の話で死にます)