無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

195
2018/06/20

第7話

7☁️
今 日 は 1 人 で 食 べ よ う …


















最 初 か ら ち ょ っ と 気 づ い て た ん だ 。
テ ヒ ョ ン は モ テ る し 、
本 当 に 良 い 奴 。


だ け ど …
や っ ぱ り 苦 し い 。

涙 が 止 ま ら な か っ た 。




食 事 も 手 に つ か な い 位 。







































~ そ の こ ろ ~

T 『 ジ ン ヒ ョ ン 来 な い ね …』

あなた 〈 心 配 で す … 〉

ジ ン ヒ ョ ン ど う し た ん だ ろ 。

T 『 放 課 後 聞 い て み よ っ か 。 』

あなた 〈 は い …〉

そ ん な 悲 し い 雰 囲 気 の 中 、
昼 休 み は 終 わ っ た 。





















































































~ 放 課 後 ~

昼 休 み の テ ン シ ョ ん の 中 、
下 駄 箱 に 着 い た 。

あなた ち ゃ ん は テ ヒ ョ ン と 帰 っ て る ん だ ろ う な …


















T 『 ジ ン ヒ ョ ン !!! 』


後 ろ の 方 か ら テ ヒ ョ ン の 声 が 聞 こ え た 。

テ ヒ ョ ン の 隣 に は あなた ち ゃ ん が い た 。

" や っ ぱ り " そ う 心 の 中 で 静 か に つ ぶ や く 。

J 「 何 ? テ ヒ ョ ン ?」

T 『 何 じ ゃ な い で す よ !!! な ん で お 昼 来 な か っ た ん で す か ?
僕 も あなた ち ゃ ん も 心 配 し た ん で す よ !!! 』

J 「 心 配 ? 何 言 っ て ん の ?あなた ち ゃ ん と イ チ ャ つ い て た の に 。 」

T 『 イ チ ャ つ い て た … ? 』

J 「 だ っ て … そ の … キ 、 キ ス し て た だ ろ … 。」

T 『 キ 、 キ ス !? あ ! そ れ 多 分 耳 打 ち で す よ !』

J 「 耳 打 ち ? 何 か 耳 打 ち で も す る 必 要 あ っ た ?」

T 『 は ぁ 、、、 も う 、 ヒ ョ ン っ た ら … あなた ち ゃ ん も も う 我 漫 で き な い と 思 う し 、 言 っ て いい ? 』

テ ヒ ョ ン が あなた ち ゃ ん に そ う 聞 く と あなた ち ゃ ん は 小 さ く 頷 い た 。

T 『 ヒ ョ ン 。 よ く 聞 い て く だ さ
い 。 あなた ち ゃ ん は 、 ジ ン ヒ ョ ン の こ と が 好 き な ん で す 。
そ れ で 今 日 、告 白 し よ う と 思 っ て 、 ヒ ョ ン を お 昼 に 呼 ん だ ん で す 。 そ れ を 僕 に 言 っ て く れ た ん で す 。 周 り の 人 に 聞 こ え な い よ う に 耳 打 ち で 。 』

え 、、、







そ ん な …

T 『 ジ ン ヒ ョ ン 。 何 か 言 う こ と は な い ん で す か ? 』

J 「 テ ヒ ョ ン 、 あなた ち ゃ ん 。
ご め ん 。何 も 知 ら な い で 勝 手 に 決 め つ け て 。
あなた ち ゃ ん 。 俺 も あなた ち ゃ ん の こ と が 好 き で す 。
こ ん な 俺 で よ か っ た ら 付 き 合 っ て く だ さ い 。」


あなた 〈 は い !!!!! も ち ろ ん !!!!!〉






あなた ち ゃ ん は 涙 ぐ み な が ら そ う 答 え た 。




























































君 は 僕 に
運 命 と 言 う も の を 教 え て く れ た ん だ 。








































































愛してるよ。


❦ℯꫛᎴ❧