無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
183
2018/02/22

第1話

プロローグ
あなた

時間遅くなっちゃったなぁ。暗いし少し怖いかも

時計の針は7時を指している。
女子高生には少し危ない時間だ





黒板に視線を移したら相合い傘を発見した
(あ、相合い傘だ。名前は...神谷美香と田村先生...。どっちも知らない名前。卒業生かな。って先生!?生徒と教師の恋愛って禁止だよね。先生とかぁ...ない、よね。)
三神要
おい、もう7時だぞ?危ないから早く帰れ
あなた

あ、三神先生

三神要
何してたんだ?
あなた

相合い傘みつけて、なんかこういうのいいなぁって

三神要
相合い傘?これか
先生も黒板に近づいて来た
三神要
って、これ田村先輩の名前じゃん
あなた

先生のお知り合いですか?

三神要
あぁ。大学の先輩なんだ。ってほら、早く帰れよ
あなた

あ、そうですね。先生さようなら

三神要
さようなら
___私はまだ知らなかった。
恋を知らない私が、あの人を好きになるなんて...