無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

167
2018/02/22

第2話

1本目
こんにちは、私は鈴木あなた。高校3年生。名字が鈴木だからみんなには、すずちゃんって呼ばれてるの。部活は一応美術部です。私はイラストを中心に書いてるかな
優麻
あなた。おはよ
あなた

優麻ちゃんおはよー。あ、あのね!昨日黒板に彫られた相合い傘見つけたの!

優麻
今どき相合い傘?
あなた

え、良くない?私憧れる!

優麻
んー、あなたの考えは私には理解できない
って、優麻ちゃんは苦笑してるけど、相合い傘いいよね?私もいつか彼氏作って書きたいなぁ
優麻
あなたはまず好きな人を作るのが先!
あなた

え?私声にだしてた?

優麻
いや、出してないけどあなたの考えることくらい分かるわよ
優麻ちゃんエスパー!?すごい
優麻
エスパーでもない
あなた

え!?

優麻
やっぱり思ったんだw
あなた

だって、私の考えてること分かるんだもん

優麻
www
ガラガラ...
優麻
先生来たね。また話そ
私は、「うん」と返し自分の席に着いた
三神要
おはよう。出席とるぞー
三神先生、やっぱりカッコイイな。そりゃ女子に人気でるよ。先生...あの相合い傘も確か...
三神要
..鈴木。鈴木あなた。聞いてるか?
あなた

あ、すいません!

三神要
次はちゃんと聞いてろよ
あなた

...はい。

やっちゃった...。恥ずかしい...
話はその後中間テストの話になった。
今回もテスト1位取れれば良いな。でも、生徒会忙しくなりそう...
そう、私は生徒会に入ってるの。
役職は生徒会長。なぜか生徒会長になった
先生からは信頼あついからちょっとは得してるけど
三神要
ってことで、しっかりと勉強しとけよ。あ、鈴木生徒会長!
あなた

はい!って生徒会長って呼ばないでくださいって言ったじゃないですか!

三神要
別にいいだろ。それより、体育祭のことで話がある。ほかの、生徒会メンバーも呼んで昼休みに会議室に来てくれ
あなた

了解です。

キーンコーンカーンコーン
三神要
お、よし。これでホームルームを終わりにする。次は体育だろー?さっさと着替えて体育館に行けー
優麻
先生!言われなくても分かってますー!あなた着替え行こ!
あなた

うん!