第9話

萌え袖 KARASU
1,908
2019/05/19 01:35
すっかり秋になったこの頃、私はSLHTVの撮影に来ていました!
Tシャツ1枚では肌寒い。何より代謝のよろしくない私は夏でも長袖、そして冬は何枚も着るという馬鹿なんです。
なのに!私としたことが!
天気予報で夏日が来るとか言うから...!
半袖で来たんですよ!(バカなんです)
あなた

うぅ、寒い...

YUMA
YUMA
バカだw
SHIRAHAN
SHIRAHAN
なんで上に着るやつ持ってこなかったの?w
あなた

やって、天気予報が夏日が来るって言っとったんやもん!

RYO
RYO
え、寒い?からす
KARASU
KARASU
全然
RYO
RYO
だよな〜
そりゃ、だってブリブラの2人はさっき鬼ごっこしてたからやん...
YUMA
YUMA
大丈夫か〜?あなた〜?
あなた

大丈夫ですから、ゆまさんは自分で歩いてください

YUMA
YUMA
しらはんも自分で歩けよ〜
酔いまくりのガブリをりょーくんに任せて、1人で歩く。寒いな...
KARASU
KARASU
あなた、これ着ときや
からすくんは私にパーカーを貸してくれた。
だけど、大きい。
完全に彼氏のパーカーを借りた女子状態。
あなた

ぶかぶかやん

KARASU
KARASU
萌え袖なってるやん
可愛ええな〜
あなた

可愛くないし

にしても、パーカー着ただけでとても暖かいな〜。
でも、私寒がりだからまだちょっと肌寒さが残る。
KARASU
KARASU
萌え袖やったらいつもみたいに手繋げへんから腕まくって
あなた

アホか!寒いやんけ!

そう彼に突っ込んだのは暖かい手で包んでくれる彼への照れ隠し。
お互いそのことに気づいて、帰り道ずっと無言だったなんて前を歩く3人には気づかせたくないな...。
‐翌日‐
YUMA
YUMA
昨日、俺の事りょーに任せてイチャついてたの知ってるからね
あなた

それはゆまさんが見た夢ですよ

バレてたw

プリ小説オーディオドラマ