無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2


今 日 も 眠 い 授 業 を 受 け 。









(( 本 当 は 寝 て る か ら 受 け て な い よ ㅋ ))












意 識 が 戻 る 頃 に は ,




















い つ も 通 り ,










じ み な の 「 お ~ い 」 っ て









声 で 毎 日 起 き て た の に ,

































今 日 は 違 っ た 。











先 生 「 お 前 な ぁ , い い 加 減 起 き ろ 」
姜
. . . ん , 
                   朴
あなた っ ,  あなた っ !
姜
じ み な  っ . . . ! 
   誰 の 声 か わ か ら な い 人 の 声 が 聞 こ え て





















そ の 直 後 に




じ み な の 綺 麗 な 声 が 聞 こ え た 。







































だ け ど も 私 は ,















ま た 夢 の 世 界 へ と
















































引 き ず り 込 ま れ た 。
姜
ん っ . . . (( 寝
                   朴
い や   ,   待 っ て  寝 た ん だ け ど ㅋ
田
お い   ま じ か  ㅋ ㅋ
金
あなた ~  っ ? ?
先 生   「 お 前 な ぁ . . .  」






先 生 「 女 の い な い 学 校 な ん だ か ら そ ろ そ ろ 手 が 出 て も お か し い と 思 わ な い の か ? 」
姜
. . . ん  ~  ? 
金
寝 惚 け て る し ㅋ
   先 生   ,

































































ち ょ っ と 何 言 っ て る か 分 か ら な い す ね ← パ ク リ