無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1.変な夢
いつもいつも見る夢
暗くて何も見えない空間
私はわかんない
あの場所が何処か
milkSakura(私)
milkSakura(私)
なんでだろう?
                            
私がよく見る”ヤツ”
瞳を瞑ったあと
まるで魔法のように
いつの間にか
朝になっている
milkSakura(私)
milkSakura(私)
でもあれは事実...
また今日もなのだろうか?