無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

お爺さん
その日の夕方。私たちは花香の家の近くにある公園に向かっていた。
あなた

本当によかったの?涼、連れてきちゃって。

松下 花香
松下 花香
仕方ない。
松下 花香
松下 花香
なるべく危険な目に合わせたくはなかったけど、本人がやりたがっているならさせてあげたいと思った。
花島 涼
花島 涼
うわー、思われてるね、俺。
松下 花香
松下 花香
……気にしないで。
そう言う花香は、少し恥ずかしそうだった。
松下 幸助
松下 幸助
仲が良さそうじゃな。
後ろから突然声をかけられる。……気配を、感じ取れなかった。
松下 花香
松下 花香
あ、おじいちゃん。
松下 幸助
松下 幸助
おお。花香。お友達を連れてきたのかい?
松下 花香
松下 花香
ちょっと、さっきも電話で話したでしょ?
松下 幸助
松下 幸助
ああ。そうじゃったな。家にいる、妖怪たちについてか。
松下 花香
松下 花香
そうそう。
なんだかいつもより明るい一面をみせる花香。家族といるときは、こんな感じなのか。
松下 幸助
松下 幸助
正直、あのくらいの弱さならこちらで封印してしまってもいいのじゃが、せっかくきてくださったのじゃから、話くらいは聞かせていただこうかの。
松下 花香
松下 花香
ちょっと、おじいちゃん!
あなた

(ああ、私、こう言うタイプ嫌いかも。だって、多分だけど。封印された仲間の妖怪を封印して、また、その仲間の妖怪が来て……そのことに気がついていながらも、封印しようとしてる。私たちを、目の敵にしているタイプだ。)

あなた

とにかく、会って話を聞きたいんです。花香さんの家にいると言う妖怪たちに。

松下 幸助
松下 幸助
でも、お前さんのような妖怪を家の中に入れるわけにはいかんよ。
あなた

ですが!

花島 涼
花島 涼
……ですが、さくらに間に入ってもらった方が、ことは穏便に進むのでは?
冷静な顔で、涼が私たちを見た。
松下 幸助
松下 幸助
そうかもしれんが。もしこの妖怪が良からぬことを考えていたとして、私は皆を守ってやれん。
松下 花香
松下 花香
え、それって、おじいちゃんでも桜には勝てないってこと……?
松下 幸助
松下 幸助
ああ。おそらく全盛期のわしでも無理じゃろうて。
松下 幸助
松下 幸助
だから、悪いことは言わん。このまま帰ってくだされ。
あなた

お断りします。

あなた

妖怪たちがまだ悪いことをしようとしていると決まったわけではありません。なのに、封印させてやるわけには行きませんよ。

真剣な目で訴えると、その誠意が伝わったのか。
おじいさんは大きくため息をついて
松下 幸助
松下 幸助
わかった。お招きしよう。
と言ってくれた。

4人で、花香の家に向かう。
松下 幸助
松下 幸助
わしは幸助という。よろしくな。
花島 涼
花島 涼
よろしくお願いします。
あなた

そういえば、涼。今日遅くなるかもって、家の人に連絡入れた?

花島 涼
花島 涼
……あ。