無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

関ジュの大晦日
( : side  成瀬
なんやかんやでワイワイガヤガヤしてます
やっぱ3グループが集まるとうっさいなぁ!笑
相変わらず隣は拓哉と風雅で
恭平はいじけてはっすんのとこ行ったわ

福本「 あなた〜 」
『 たいちぇ! 』
福本「 明日の夜あなたの家泊まらせて 」
『 なんで急に?笑 』
福本「 あなたの家の方が駅近いやん 」
『 え待って待って大晴の家横なんやけど!?笑 』
『 数メートルの違いやん、ていうか大晴の方が地味に近い 』
福本「 あなたのお母さんのご飯も食べたいんや 」
高橋「 ジトーッ 」
福本「 怖っ!笑 」
末澤「 変なことすんなよー?笑 」
『 えー大晴ってそんな目で見とんや 』
福本「 違う違う違ーう!」
福本「 年下の可愛ええ可愛ええ幼馴染のお願いやで?」


あ、そうやん言うの完璧に忘れとったわ
大晴も幼馴染です((今更
で、ちょっと整理しよう
右隣は西畑家、左隣は福本家やで


『 はいはい分かった 』
福本「 よっしゃーワイパー 」
西村「 ええなぁ大晴くん 」
福本「 へっへーん 」
草間「 寿司来たしそろそろ食べん?」
西畑「 食べるー!」
嶋﨑「 今何時ですか?」
小島「 6時半♡ 」
長尾「 小島くんキモチワルーイ 」

.