無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

眠り姫
( : side  西畑


日刊なにわ男子に載せよう思って添い寝写真を ( )
撮ろうと腕枕したりして手を回したら
そのまんま俺の手巻き込んで寝た笑
俺の手は今あなたの抱き枕になってます
いつかののんちゃん(小瀧)みたいなこと俺しとるやん
これはツーショット撮るべきや
ざっと30枚は撮ったで





数時間後、、、


成瀬「 え!?今10時50分なんやけど 」
成瀬「 えっ!?西畑に抱きついて寝とんやけど 」
成瀬「 西畑〜!!!」
『 ん〜どしたん? 』
成瀬「 完璧遅刻 」
『 ほんまやん!もーなんで起こしてくれんの 』
成瀬「 いやいやこっちのセリフやて 」
成瀬「 はよ行くで 」
『 行ってきまーす 』
成瀬「 行ってきます 」
母「 はーい気をつけてね 」



めちゃめちゃ走って今日はいつもより近い場所やったから
11時10分にはついた






成瀬「 ごめんなさい遅れました! 」
『 ほんますいません 』
高橋「 あなた遅いー 」
高橋「(ぎゅうう 」
成瀬「 ぐ、苦しい 」
大西「 大ちゃんはよ着替えて! 」
『 上着脱ぐだけやんけ 』
大橋「 よし、始めよ〜」
藤原「 あっれれれ? 」
藤原「 2人服色違いやん 」
道枝「 ズルいー 」
成瀬「 いやっそのこれはたまたま… 」
『 昨日のデートで買ったんやで! 』




なんかあなたに睨まれた気がするけど気のせい?




.