無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

あざといぞ、弟
( : side  成瀬

今、インターホンが、、なった
はっすん来るんやろ?
きょーへーと丈くんも
絶対めんどくさいことなるやん
てかもう来たやん西畑入れたやん

高橋「 え"ー!あなた可愛ええってどしたん!? 」
大橋「 なんやったっけこいつの名前カビみたいな 」
藤原「 カビゴンや!笑 」
高橋「 え?もしや俺のために着てくれたん? 」
高橋「 はぁ可愛ええなぁさすが俺の彼女 」
西畑「 ちょ待って待って?笑 」
西畑「 これは高橋の妄想なん?現実なん? 」
『 現実なわけないやん、そんなん信じるんか西畑見損なったわ〜 』
西畑「 いやちょっと待って!笑、誤解誤解 」
ふうた「 うるさ、」
大橋「 ふうたはピカチュウなん!?」
藤原「 まさかの成瀬家みんな着とるんちゃう?笑 」
『 そんなわけないやんか 』
『 家に帰ったらあったの!それだけ!』

でもあと来るとしたらみっちーと流星と謙杜か
安全地帯組やな

道枝「 おじゃましまーす、ってあなたちゃん!?」
大西「 めっちゃ可愛ええ〜似合っとるで 」
『 この2人に褒められるのはなんか嫌やない 』
高橋「 なんでなん!笑 」
ふうた「 もうお腹すいた 」
『 ほなお母さんに聞いてこよか 』
母「 あらっみんな勢揃いやなぁ!謙杜くん以外 」

.