無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

特別な日
( : side  風雅
成瀬「 アイスどれにしよ… 」
『 この行列エグっ… 』
成瀬「 だーいじょうぶやって!バレへんバレへん 」
それやなくてただただ並ぶ時間長いって話なんやけど
あなたちゃんは室が言うた通りバカなんかもしれん
『 何で迷ってるんすか 』
成瀬「 この期間限定のいちごと〜チョコ 」
風雅「 じゃあ俺チョコ頼むんでいちご頼んでください 」
成瀬「 え!ええよ〜気使わんで 」
『 俺チョコ好きやし、あなたちゃんは両方食べれるやないっすか 』
成瀬「 いやぁどこでそんな言葉覚えてきたん?(笑) 」
『 別に… 』
長蛇の列に並んでアイスGET
近くに公園あったからそこで食べよーてなって
お互いの交換したんやけど、
よくよく考えたらこれ、関節キスやんな!?
ヤバいことしてもーたわ俺
公園は小学生が遊んではって賑やかやった
しかもなんかあなたちゃんも参加しとるし
成瀬「 いやぁ疲れるわ!小学生の中に入るんは(笑) 」
『 お疲れ様です 』
.

次くらいで風雅回終わります!