無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

絶望
( : side  成瀬
『 んぬぅ 』
高橋「 あなたおはよ♡ 」
『 うーん 』
『 ってえ!?え!?え!? 』


なんでギューってしとん私


『 わ、わわわ私からギューってしとらんよな? 』
高橋「 いや 、あなたから 」
『 嘘やんもー嫌やー❗️』
高橋「 寝言で恭平好き言うてたなぁ(嘘 」
『 え"っ、ほんまに最悪 』


これ絶対日刊とかに載せられて事務所全体をこの情報が駆け回るやつやん
あ〜もう下降りたないわ
高橋「 下降りるで 」
『 嫌やって〜! 』

恭平におんぶされながら下に降りた
もう私駄々こねておんぶされて赤ちゃんやん( )


「「「 おはよー 」」」
大西「 お母さん仕事行ったよー 」
『 りょーかい 』
高橋「 ふふ♡ 」
藤原「 恭平気持ち悪っ!なんなんその顔 」
大橋「 なんかええことあったん? 」
長尾「 あなたちゃんおんぶしてるからやないすか 」
西畑「 おんぶでしれっと脚触っとるやん! 」
道枝「 そーゆーことなんか… 」
高橋「 それもあるんすけどね♡ 」
『 え、変態はよ降ろして 』


今ダボッとしたパーカーをワンピースみたいに着とんやけど
よくよく考えたら普通に脚触られとるよね、うん


高橋「 ええ事聞きたいっすか?♡ 」
藤原「 そりゃ聞きたいわ 」



.