無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

ライブ
( : side  成瀬


みっちーが来てから数分おきにメンバーがやっときた
後から分かった話なんやけど、私と西畑スタッフさんと同じ時間に
来とったから誰もおらんかったんやて( )
そりゃ早いわな笑


藤原「 じゃあ振りの確認しよかー 」
『 やな〜 』
長尾「 ちょっと確認したいとこがあって… 」
『 ええよええよ、どこ?』
長尾「 2facedの… 」
『 あーあそこな、忘れる時あるわ私も笑 』
長尾「 だいぶ理解しました!あざす 」



やっぱりみんなの顔がイキイキしとる
ライブの力って偉大やなぁ



大西「 みっちーが7starsの振り確認したいらしいから 」
大橋「 1回通してみよか!」
道枝「 すいませんありがとうございます 」



みっちーはギターも弾かなあかんから振りも覚えて大変やなあ
最近まで映画のお仕事もあったしな










西畑「 あー緊張してきた 」
『 本番30分前や 』
高橋「 俺緊張より楽しみの方が勝っとるんすけど 」


って前髪を整えながら言う恭平
ほんまヘアセットだけは上手いなぁ


高橋「 あなたはど〜する〜?♡ 」
『 恭平がええのにしてええよ 』
高橋「 俺の好みの女にしたるわ 」
『 なんなん笑 』
高橋「 まぁこれでも好みなんやけどなあ 」
『 さらっと恥ずかしいこと言わんでや 』
高橋「 照れてるん?マジで!?可愛いー 」
『 もう恭平嫌やー 』
西畑「 俺んとこ来る?( イケボ 」


.