無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

あざといぞ、弟
( : side  西畑
西畑は今から電車で2人きりという好都合な状況を使って
あなたにひたすらベタベタしようと思います
なんせメンバーなのでね、
目撃情報でても大丈夫やし、最強やわ
お?これは最高な時間が来たぞ
成瀬「 大ちゃん…眠い 」
『 ぐふふ 』
自分でも変態なんは分かっとんやけどなぁ、、
どうしても可愛すぎて無理なんやて!
もうほんまにヤバい
『 寝てええよ、起こすわ 』
成瀬「 肩貸して… 」
『 はいはい笑 』
至福の時間…あなたってなんか無意識あざといなんよな
ファンの人なら分かると思うんやけど
はぁあああもう無理〜




あ、やばい気づけば最寄りの前の駅やわ
あ、やばいもう着くわ


『 あなた、起きーや 』
成瀬「 はぁい… 」
ほんで駅着いたんやけど
福本「 大吾やん! 」
『 大晴や!』
福本「 あなためっちゃ眠そうやけど笑 」
成瀬「 うん… 」
Aぇの一発芸担当大晴がおったわ
福本「 えなんかめっちゃ可愛ええ 」
『 眠いときは誰かに甘えるんよ笑 』
福本「 めっちゃええやんか!」
『 そーなんよ♡ 』
福本「 なんか気持ち悪いわ、ほなな 」
『 ん、またな笑 』

.