無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

東京観光
( : side  高橋

あなたが今にもスキップしそうな勢いで
もうどうせなら晩飯も東京で食おーぜってことで
和!って感じの通りに来たんっすけど
若者おらん( )

成瀬「 これなら変装せんでええし!さいっこー!」
『 まぁ、そやな笑 』

俺てっきりあなたは原宿系のとこ行きたい思てたわ
まぁ晩飯のこと考えてやけどな

成瀬「 シバマタエキ? 」
『 そうや、柴又駅 』


柴又帝釈天参道ってとこに来てます
男はつらいよの撮影場所でこち亀の舞台だそうで
あれ、俺が解説しとる間にあなた団子屋の
おっちゃんと喋っとるし


成瀬「 草団子2つくださいっ! 」
おっちゃん「 イケメンやねぇ彼氏くん 」
成瀬「 え、いや、彼氏じゃn… 」
『 あざっす!』

あなたに背中バコーン叩かれました
ええやん別にー

成瀬「 ほい、恭平の 」
『 あざっす、買ってくれたん?』
成瀬「 私が行きたい言うたし、その分夜ご飯奢ってもらおかなて 」
『 絶対高いやん 』
成瀬「 えーせっかく着いてきてくれるし恭平優しいなぁカッコええなぁ思てたのに?うわー 」
『 え!まじ?俺カッコええ?』
成瀬「 あのカッコええきょーへーはどこに行ったんやろ 」

あなたが俺のことカッコええって!!
大吾くんとみっちーに言わなあかんなぁ

.