無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

関ジュの大晦日
( : side  成瀬

なんか一気に視線集まったんやけど( )
なんか変な服着とんかな私

高橋「 Tシャツワンピースー!!」
西村「 ロンTやぁあー!」

なんか師弟(?)コンビ発狂したわ

小島「 え?ズボンは?」
『 いやいや短パン履いとるy… 』
「「 ギャーギャー!」」
『 短パンやしそんな顔隠さんでも… 』

短パン見せるためにロンTのワンピースあげようと
思たらみんなが一気にそっぽ向いたし

高橋「 はいカメラ目線ちょうだーい 」
西畑「 ええカメラワークや 」
正門「 はよ髪乾かさな、冷えるで 」
佐野「 ほんまですよ、それに乾かさなこの部屋の変態たちが黙りませんよ 」
『 私のとか別に興味ないやろみんな笑 』

みんな首横にブンブン振り始めて、いや怖い!!
私とか一緒におりすぎて男同然や思われとる思たわ

大西「 あなたちゃんこれ使った方がええよ!」
『 わ〜なにこれ、ヘアオイル?』
大西「 髪の毛乾燥して傷みやすい季節やし 」
『 さすが流星 』
藤原「 謙杜行け!((ボソッ 」
長尾「 みっちーみっちーみっちー!!」
道枝「 なんやねんうっさいなぁ 」
長尾「 世界で1番多い名前なんやと思う!!?」
道枝「 どうでもええわー…タロウとか?」
長尾「 ブッブー!ムハンマドでしたー!」
道枝「 ホンマにその情報いらんわ!笑 」
嶋﨑「 これがまいジャニでみたかの有名なやつや!」
佐野「 おぉ〜 」

.