無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

リア恋兄さんの誕生日
( : side  藤原
『 これ誰が作ったん?』
道枝「 あなたちゃんのお母さんとメンバー1人ずつ得意料理作りました!」
『 得意料理…なん?』
西畑「 まぁ人によるよね 」
大橋「 いや〜あなたがちょっと活躍したな 」
成瀬「 いや大活躍やったやん!私料理無理やけどお前らに比べたら超一流 」
『 絶対あなたが手伝わんかったやつあるやろ 』
成瀬「 あぁ確かに流星のとかは手伝ってない 」
大西「 大ちゃんと一緒に作ったから 」
西畑「 俺チャーハン得意やから 」
『 2人1組で作ったん?』
高橋「 そーっすね 」
『 え待って待ってその組み合わせ教えて?』
成瀬「 流星は西畑やん、で私はっすんとしてk 」
『 てことは恭平とみっちーなん?』
道枝「 はい!」
『 絶対これやろ(焦げたオムライス) 』
高橋「 なんで分かったんすか!」
大西「 言いずらいけど分かりやすいで 」
大橋「 俺とあなたはピザ作ったで!」
『 炭水化物ばっかやん 』
成瀬「 お母さんがまだ大量におかず作っとる 」

みちきょへのオムライスは感想敢えて言わんとくけど
(え、なんでなん by 恭平)
あのあとみんなから野球関連のプレゼントめっちゃ貰って、みんな野球のやつくれたんよ(笑)
でまぁ恭平とみっちーと謙杜は寝て、
みんな泊まることになりましたとさ
.