無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

特別な日
( : side  風雅
有名人じゃないのにマスクとることですら
躊躇ってしまう自分がおんねん
なんかイタイな(笑)
コンビニで買ったイクラのおにぎり食べながら
不審者並に周りキョロキョロして待った

成瀬「 あ!おったーー!!ごめんごめん 」
『 ンガッ ちょっうるさい 』

あんなにおっきい声でこっちこられたら
ファンの人にバレるやんな、
ご飯喉に詰まらせたわ

成瀬「 私男子高校生の好み分からんでな?今日好きなもん買うたるから!」
『 別にそんなんいいっすよ 』
成瀬「 なーに言うとんの(笑)誕生日やろ?
たまにはそんなツンツンせんと甘えやー?」
『 ゴミ捨ててきます 』
成瀬「 え、ぼっちにせんといてや着いてく 」
成瀬「 …あ、ごめんメール送ってない 」
『 どーせ寝とんやろな思ってたんで大丈夫っす 』
成瀬「 でも直接会っては1番やろ?あれ、お母さんおるか 」
『 …1番 』
成瀬「 え!ほんまに?1番もーらい 」
『 ほんまに年上なんかわからん(笑) 』
成瀬「 タメでええよ?風雅は許可する!」
『 いや恭平くんタメやなかったでしたっけ 』
成瀬「 あれは勝手に言うとんの(笑) 」
.

テスト週間中失礼します✋
この作品が完結したらの次回作メイン
誰がいいかコメントください
( まだ完結するわけじゃないよ?笑 )
まだメインになってない関ジュで
お願いします🙇多分学生青春物!
リトかん、Aぇも!
まだ出てないなにわは丈橋りゅちぇながです 〰️