無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

末っ子とご飯とプレゼント
( : side  成瀬
紺色に小花柄のヒラヒラしたワンピースに
茶色いモコモコのロングコート着て黒いブーツ
いやぁメンバーにいっつも言われるんよね
私服着て黙っとけばナンパされるーって
黙っとけばってなんやねん!!(笑)
関西人なんやから喋らして欲しいわ

佐野「 あなたちゃん!!」
『 晶哉!やっほ〜 』
佐野「 わ、私服めっちゃ可愛いんすね /// 」
『 みんなに思ったんと違った言われるんよね 』
佐野「 ほんまに思ったんと違いました(笑) 」
『 ご飯予約6時半からやからちょっと買い物付き合って?』
佐野「 全然全然!」
『 紫耀と廉の買わなあかんのよね 』
佐野「 りとかん22結成日なんすよね 」
『 じゃあ2人でなんか買う?』
佐野「 ええんっすか!」
『 全然ええよーあげるつもりやったし 』
佐野「 何がいいんすかね〜 」
『 最近まで高校生やったやん!』
佐野「 分かるわけないっすやん(笑) 」
『 レッスン着とかあげたらええんちゃう?』
佐野「 あー!確かに 」
『 紫耀と廉どーしよ 』
.