無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

東京のあの人たちから
( : side  成瀬
西畑「 あなたー紫耀と廉から電話 」
『 はいはーい 』
『 もしもし?』
平野「 あなた久しぶりー!!元気?」
『 うわもううるさい!今まいジャニ収録前!』
永瀬「 プレゼント届いたで、あざっす 」
『 あー前日やけどおめでとー紫耀も1週間前やけどおめでとー 』
平野「 当日も祝ってよ?(笑) 」
『 忘れてなかったらな〜 』
永瀬「 冷たなったなぁほんま入所した頃はm 」
『 はいはいまた東京行った時に聞くわ 』
平野「 まぁ収録頑張って!服気に入った!」
『 それは良かった〜、んじゃ 』
電話の奥から何だか騒がしい声がして
髙橋「 あなたちゃーん!また遊ぼー!」
『 海ちゃん!!遊ぼ〜 』
髙橋「 コロナ落ち着いたら今度はそっち行くね〜 」
『 はいはーい 』
平野「 じゃ!またねー 」
『 うん、また 』

西村「 紫耀くんやったんですか!?」
『 そやけど?』
西村「 ええなぁ俺も電話したかった 」
『 あ、そうや拓哉リトかん全員集めて 』
西村「 あ、はーい 」
藤原「 鬼の説教でも始めるんとちゃう?」
西畑「 うわーこわーいあなたちゃん 」
『 いや違うわ!(笑) 』
.
2日に1回の更新なるかもです(汗)