無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

泊まる?泊まらん?
( : side  成瀬
ただいま、成瀬家に泊まるか、泊まらないかの話し合い中
成瀬はそれを仏様のように見守っています( )


『 明日の仕事なんやったっけ 』
西畑「 雑誌の撮影とあなたはなにわ男子のなんでやねんの撮影あるやろ 」
藤原「 あなた明日は忙しなるなぁ 」
『 じゃあ明日東京か 』
藤原「 そやな 」
大橋「 あなたの家やったらみんな揃ってでれるし 」
高橋「 その方が良くないっすか 」


いやいや普通着替えないからとか
成瀬家に迷惑かかるとか思うやん
なのにこいつら1mmも思っとらんのやけど


道枝「 あなたちゃん心の声でてますよ 」
長尾「 あ、お母さんから許可もらいましたー 」
道枝「 俺もー 」
大西「 ええやんたまには、ね? 」
『 分かったよ… 』
「「「 いえーい! 」」」
母「 布団6枚しかないわぁ 」
西畑「 ならあなたが床でー 」
『 なんでーやー嫌やー 』
『 誰か1人私の部屋の床 』
高橋「 俺行くっすよ 」
藤原「 正気なん!?寒いで 」
大橋「 凍え死ぬかもしれんでー? 」
高橋「 まぁ作戦があるんで! 」


めっちゃドヤ顔やけど恭平、あんた何企んどんや



.