無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

恋の申し子
( : side  西畑
今日はあなたの誕生日でグループの仕事やったから
メンバーみんなソワソワして(笑)
まぁ俺はもう何作ったか知っとんやけどね
先行っといて言われたから来たらまぁ質問攻めよね

高橋「 あなた何作ってました!?」
道枝「 大吾くんもう食べたんすか!?」
『 食べたよ?』
長尾「 抜け駆け禁止っすやん!!」
『 幼馴染なんやもん仕方ないやん(笑) 』
藤原「 え、てことはもしや大晴も… 」
『 そりゃあなぁ 』
大橋「 おやつが増えるぅう〜楽しみやなぁ 」
藤原「 まぁ、俺はアイツのバレンタインとか期待してないけどな 」
大西「 とか言って1番欲しがってるやつ〜 」
藤原「 違うわ!」
成瀬「 おはよーございまーす…?西畑なんでそんな包囲されてんねん(笑) 」
高橋「 あなたたんじょーびおめでとー♡ 」
成瀬「 ありがと〜恭平1番やったよ 」
恭平「 マジで!!拓哉に勝ったー!2番誰?」
成瀬「 んーちょっと待って見る…風雅 」
『 え!意外〜 』
高橋「 あ、そーや誕プレ!」
『 これ欲しかったパーカーなんやけど!なんでわかったん!?』
高橋「 前あなたがスマホ見とるときに後ろから覗いたらこれ見とったやん 」
藤原「 ストーカーみたいやん(笑) 」
.

丈くんの前に一旦成瀬挟みまーす