第6話

#5
125
2024/02/23 03:58
オレはそのまま両親を呼ばれ、出来事を全て話され早退してきた
.....あの
テンママ
こんなこと言って、許されようとは思ってないけど.....
オレ、あの時のことよく覚えてなくて...
テンママ
.....なるほど
テンママ
やっぱりね
....へ?
テンママ
可笑しいと思ったのよ
テンママ
事実上やったはずの司がその時のこと聞かれても何一つ答えられなかったこと
テンママ
先生は嘘を考えてるんだろうって言ってたけど
テンママ
司が嘘をつくわけないでしょうに
テンママ
それでね
テンママ
もしかしたら貴方は知らず知らずのうちに「もう一人の自分」を造り出していたんじゃないかしら
テンマパパ
所謂「二重人格」って奴だな
テンママ
そう。だから記憶がなかったの
テンママ
多分、モブくんの言葉でフラストレーションが限界を超えたのをトリガーに入れ替わってしまったのかもしれないわね
テンママ
でも今の貴方は危険なの
危険....?
テンママ
ただでさえ主人格である今の司が大きなストレスを抱えてるから、下手すればもう一人の司も受け止めきれなくなって人格が増えてくことだってある
.....二重人格って治さないと駄目なのか?
テンマパパ
うーん....治すよりも先にお前が感じてるストレスをなんとかして、もう一人の司とうまく付き合っていくことが大事になるかもな
.....そうか
ありがとう
ごめんなさい
テンママ
謝らないで
テンママ
司が抱えてるモノの大きさとか、詳しいことについて話したくなったら私達はいつでも聞くからね
....うん
テンマパパ
この事は咲希には伝えないでおこうか
テンマパパ
モブくんをやっちゃったこともな
...ありがと























父さんと母さんは酷く優しい
こんなオレの事も見捨てないで親身になってくれる
だからこそ巻き込みたくない
きっとオレが抱えてるモノを話す日は到底来ないだろう
ごめんなさい

プリ小説オーディオドラマ