前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
166
2024/02/19 15:14
オレには自分でも分からない位のプレッシャーを抱えていたみたいだ
座長として
役者として
一歩一歩大きく歩こうって
上には上がいるから
もっともっと練習を積んで上手くならないとって
咲希を笑顔にできるようにって
昔より成長したショーを咲希に見て欲しくって
その為には笑顔の練習からだって
そう思って
練習して
えむ達にも「いい笑顔だね」って言って貰えて
嬉しくなって
練習をもっとしようって
声量も日々の日常から練習しておこうってなって
彰人達から「うるさい」って言われて
ちゃんと声が届いてるって嬉しくなって
でも結局疲れてても何一つ崩せなくなって
気がついたら



.....あ"?
部屋の鏡を割ってしまうほどに暴力衝動に苦しんでいた





















プリ小説オーディオドラマ