プリ小説

第31話

STORY29
あなた
あなた
あ!今日の準備してなかった!しなくちゃ!
~7分後〜
お母さん
ご飯できたよー
あなた
あなた
はーい!
あなたは朝ごはんを食べ、自分の部屋に戻った。
あなた
あなた
寝みー笑
今日さえ、頑張れば明日からはもう少し寝れる!!
今の時間は37分。
あなた
あなた
あ!水筒取りに行って制服まとめんと!
キッチンに行き、水筒を用意して自分の部屋に戻り、制服を準備した。
あなた
あなた
あ!やば💦44分だ!
あなたはいそいそとリュックを背負って部屋から出た。
お母さん
いってらっしゃい
あなた
あなた
いってきます!
階段を降りると、しゅんがいた。
しゅん
しゅん
おはよ、行こう
あなた
あなた
おはよー、うん!
二人で通学路を歩き始めた。
しゅん
しゅん
寝みーよ笑
あなた
あなた
起きてくださ〜い!
しゅん
しゅん
あなたと話してると眠くなる…😪
あなた
あなた
まじか!?笑じゃあ、喋らんとこ!
しゅん
しゅん
辞めてー!話してよぉ😭
あなた
あなた
はいはい笑
しばらく、二人で話しながら歩いていた。
あなた
あなた
あ!綴喜にきいたよ!
しゅん
しゅん
まじ?なんて??
あなた
あなた
なんか、好きな人がバレたくないからなっちゃんって言ってたんだって。なっちゃんには許可とってあるらしい
しゅん
しゅん
へぇ〜笑そんで、本当の好きな人はあなたってことか笑
あなた
あなた
でも、なっちゃんに惚れるかと思ったって、言ってたから、好きな人なっちゃんになるんじゃないかな?笑
しゅん
しゅん
おぉ!いいね!なつきとひろと似合うよ!
あなた
あなた
だよね!
そうして話していると、学校についた。
しゅん
しゅん
じゃ👋
そういうと、しゅんはすたすたと体育館へ先に向かった。
私達は一緒に来てることがバレないように、学校着いたら、お互い別々に歩くようにしていた。
かほ
かほ
おーはよ!
あなた
あなた
おぉ!おはよ〜
そうして、無事に朝練が終わり、教室にりんと向かっていた。
りん
りん
昨日はどうだったんですかぁ?
あなた
あなた
え?なんの話?
りん
りん
告られたんじゃないんすか?
あなた
あなた
あー笑
りん
りん
どうだったんですか?笑
あなた
あなた
ノーコメントで笑
りん
りん
なんでよーぉー!!
あなた
あなた
嫌だからだよ!笑笑
りん
りん
いいやん〜モテモテだねぇ笑
あなた
あなた
りんもモテるでしょ!?
りん
りん
りんなんかはモテませんよ〜
あなた
あなた
うそだぁ!
りん
りん
ほんとほんと!
そうこう話していると、教室についた。
あなた
あなた
あ!荷物置いてくるから待ってて
りん
りん
早くしてね!
あなた
あなた
はいはい笑
教室に入るととても賑やかだった。
あなた
あなた
(相変わらず、賑やかだな〜このクラス。)
ほのか
ほのか
おはよう、あなた!
あなた
あなた
おはよー、みんな何かあったの?笑
ほのか
ほのか
それがさ!転校生がうちのクラスに来るんだって!
あなた
あなた
まじ!?女の子かな?
ほのか
ほのか
それがさ!男子でめっちゃイケメンらしい!
あなた
あなた
えっ!そうなの?イケメンかぁ笑
ほのか
ほのか
そそ!
ふうな
ふうな
おはよぉ〜
ほのか
ほのか
ねね!ふうな聞いて聞いて!
ふうな
ふうな
なにー?
そうして、二人はほのかの席に行って、話し始めた。
あなたは自分の席に荷物を置いてりんのところへ行った。
あなた
あなた
お待たせ。
りん
りん
なんでこんなに4組騒がしいの??
あなた
あなた
それがさぁ〜

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Y🐼💕
Y🐼💕
バスケ部🏀 #Fischer's#モトキ#マサイ #東海オンエア#虫眼鏡#りょう 毎日投稿できれば、します。 お気に入り、ハートくださると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る