プリ小説

第39話

STORY36
男子2
なぁ。
あなた
あなた
ん?なぁに?
男子2
翼のことどう思ってんの?
あなた
あなた
黄海?んー、面白いし、優しいかな
男子2
へぇ、好きになった?
あなた
あなた
えー?無いよ笑
男子2
じゃあ、好きな人はしゅんなの?
あなた
あなた
ない!好きな人いないから笑
男子2
ふーん、俺にはそう見えないけどね
あなた
あなた
そ、そっか💦
この話は今度ね!席に戻ろうとする
男子2
逃げるなよあなたの腕を掴む
あなた
あなた
((ビクッ
男子2
まぁいいやあなたの腕を離す
あなた
あなた
う、うん…
そういい、あなたは自分の席へ戻った。
しゅん
しゅん
どうした?
あなた
あなた
ううん、なんでもないよ
しゅん
しゅん
はぁ…あなたの方に身を乗り出す
あなた
あなた
??
しゅん
しゅん
何があったんだ。言え。
あなた
あなた
えっ?なんでもないよ
しゅん
しゅん
本当に?
あなた
あなた
うん。大丈夫だよ
しゅん
しゅん
そっか、ならいい
キーンコーンカーンコーン
キーンコーンカーンコーン
そうして、無事に5.6時間目が終わった。
あなた
あなた
部活だ〜ぶかつ〜🎶🎶
しゅん
しゅん
ちょーご機嫌良いですね笑
あなた
あなた
うん!!
しゅん
しゅん
まぁ、俺も楽しみかな
男子がどんな反応するかな?笑
コンコン
先生
すいません、早坂さんと三保さんお願いしてもいいですか。
先生
あ、どうぞ。
しゅん、あなた、顧問に呼ばれてるよ
あなた
あなた
今行きます!
しゅん
しゅん
分かりました。
そういい、二人は廊下に出た。
先生
このクラスに転校生が来たでしょう?
その子がバスケ部に入部するらしいの。
だから、体育館に荷物を置いたら、その子を迎えに来てくれないかな?
あと、その子のお名前聞いてもいい?
しゅん
しゅん
分かりました。
名前は“黄海翼”です。
あなた
あなた
職員室に行けばいいんですか?
先生
あー、保険相談室に来てもらえる?
きうみたすくって黄色の黄って書いて海書いて、翼って漢字であってる?
あなた
あなた
分かりました!ありがとうございます。
漢字あってますよ。
先生
そっか、ありがとう。じゃあ、また後で
しゅん
しゅん
はい、ありがとうございます。
あなた
あなた
ありがとうございます。
そういうと、顧問は帰って行った。
しゅん
しゅん
さ、戻ろうか
あなた
あなた
うん
二人が教室に戻るとクラスはとても賑やかだった。
ザワザワザワザワ
男子2
やっぱ、あいつら付き合ってんだろ。
うぜぇな。黄海に手伝って貰うか。((小声で
女子
ん?どうしたの?
男子2
お前、好きな人とかいないのか?
女子
い、いるけど?
男子2
誰だよ?
女子
恥ずかしながら、早坂くん
男子2
お前はあなたのこと目障りなんじゃねーの?
女子
確かにそうだけど、さすがに学年一の美女だからね。無理もないよ。
男子2
まぁな。どうやって対策とってんの?
女子
私?毎日LINEはしてるかな。
あとは学校でなるべく目立つようにはしてる。
男子2
そうか、俺はしゅんが目障りなんだ。
だから、手伝ってくんね?黄海にも手伝って貰うから。
女子
じゃあもし、あなたから早坂が離れたら、早坂のこともらってもいい?
男子2
じゃあ、俺はあなたのこともらうよ。
女子
うん、分かった。
また話そう。
男子2
ああ。
キーンコーンカーンコーン
キーンコーンカーンコーン

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Y🐼💕
Y🐼💕
バスケ部🏀 #Fischer's#モトキ#マサイ #東海オンエア#虫眼鏡#りょう 毎日投稿できれば、します。 お気に入り、ハートくださると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る