無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

STORY39
先生
黄海くんのことで話したいことがあるんだけど大丈夫?
あなた
あなた
はい
しゅん
しゅん
はい
先生
まだバスケ部には何も言ってない?
あなた
あなた
女子はバスケ部かも!?みたいな感じで言ってはいました。
しゅん
しゅん
男子は全く興味がないらしくて、聞いても来ませんでした。
先生
そっか、なら大丈夫ね
まぁ、サプライズ的な感じで黄海くんには登場してもらうつもりよ
ほら、こんどお楽しみ会?みたいのを部長さんたちが用意してくれてるからそこで紹介しようと思うのだけど、どうかしら?
あなた
あなた
いいと思います。
しゅん
しゅん
そんなのあったのですね、俺も大丈夫です。
先生
そう、なら決定ね。
話はそれだけよ、戻って大丈夫よ
ありがとう
あなた
あなた
分かりました。ありがとうございます。
しゅん
しゅん
ありがとうございます。
ガチャ
あなた
あなた
ふぅ…
しゅん
しゅん
疲れた…((小声
あなた
あなた
だねぇ、早く行こー!
しゅん
しゅん
元気ですね…笑
あなた
あなた
ダメかな?笑
しゅん
しゅん
その元気を俺にも分けて欲しいよ笑
あなた
あなた
そんなに?笑
ほら早く行こうよ
しゅん
しゅん
はいはい笑
そういい、二人で歩いていると前から神原先輩が歩いてきた。
神原優斗
おぉ〜やぁ🖐
あなた
あなた
こんにちは!
しゅん
しゅん
こんにちは
神原優斗
じゃあね👋
神原先輩はそういい、スタスタと行ってしまった。
しゅん
しゅん
俺もあんな、クールな先輩になりたいな〜
あなた
あなた
諦めろ、しゅんには無理だ
しゅん
しゅん
いや、俺はなってみせる!
あなた
あなた
諦めな、もう遅い
しゅん
しゅん
くっ…あ、諦めるよ…
あなた
あなた
よし、それで良い
しゅん
しゅん
(((゚艸゚))クスクス
あなた
あなた
(๑′ฅฅ‵๑)クスクス
そうして、二人は体育館に着いた。
しゅん
しゅん
じゃあ、後で👋
終わったら門で待ってろよ
あなた
あなた
うん!分かった、後でね👋
そういうと、しゅんは体育館に入って行った。
あなた
あなた
まゆ先輩〜今帰りました。
まゆ先輩
あぁ、おかえりー
ストレッチしたら入っていいよー
あなた
あなた
分かりました、ありがとうございます!
あなたは急いでバッシュを履き、ストレッチを始めた。
無事に部活も終わり、片付けになった。
ちひろ
ちひろ
あなた!モップ一緒にしよ!
あなた
あなた
分かった!今行く!
かほ
かほ
うちもやるー!
三人でモップを掛けた。
かほ
かほ
あ!あと一列ある
あなた
あなた
あ〜いいよ、あなたがやるよ
ちひろ
ちひろ
まじ?あざっす笑
かほ
かほ
わぁ!ありがとう😆
あなた
あなた
いえいえ🤗
あなたが最後の一列のモップ掛けが終わり、モップを戻しに、倉庫に行ったらそこにはしゅんとけいがいた。
しゅん
しゅん
なぁ、けい
モップくらい置いてよ笑
けい
嫌だよー笑俺は行くもんね笑
けいはそういい、倉庫から出て行った。
しゅん
しゅん
もう、酷いやつだなぁ笑
しゅんはあなたに気づいてないらしく、苦笑いしながらモップをしまっていた。
あなた
あなた
しゅん〜
しゅん
しゅん
うわ!びくった!あなたか笑
あなた
あなた
さっきからいたのに笑
しゅん
しゅん
そうなの!?
あなた
あなた
うんうん笑
けいとのやり取り見てたよ笑
しゅん
しゅん
うわ、はずー…笑
あなた
あなた
まぁまぁ笑
モップしまってくれる?
しゅん
しゅん
はいよっと
しゅんはあなたからモップをもらい、しまった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Y🐼💕
Y🐼💕
バスケ部🏀 #Fischer's#モトキ#マサイ #東海オンエア#虫眼鏡#りょう 毎日投稿できれば、します。 お気に入り、ハートくださると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る