プリ小説

第48話

STORY45
あなた
あなた
ふうなも好きな人出来たのね〜
こりゃ、てつやに聞きこみ開始だね笑
ピコーン
あなた
あなた
えっ?誰だろ?
〜神原先輩とあなたのLINE〜
YUTO
YUTO
こんばんは。
神原です。よろしく!
😛💕
こんばんは!
あなたです。よろしくお願いします。
YUTO
YUTO
LINEはタメで接してくれる?
😛💕
あ、分かりました!
YUTO
YUTO
ほら、もう敬語だよ笑
😛💕
あ!うん笑
YUTO
YUTO
学校でもタメでもいいんだけどさ笑
先生いるからなー笑
無理なんだよね笑
😛💕
そうなの?笑
先輩と二人の時はタメにしますね笑
YUTO
YUTO
あーありがと笑
てか、なんでてつやはあなたのLINEくれなかったんだろ笑
😛💕
さぁ?なんでだろう、全く分からない
YUTO
YUTO
あなたも知らないんだな笑
知ってるかと思ってたよ
😛💕
いやいや、知らないよ笑
YUTO
YUTO
まぁ、相談は来週でもいい?
😛💕
いつでも大丈夫ですよー
YUTO
YUTO
おう、分かった
ありがとよ!
😛💕
いえいえ🤗
YUTO
YUTO
あなたって絵文字使うんだな✨
じゃ、おやすみー
😛💕
使うし!笑
おやすみー
______________
あなた
あなた
全然、普通に面白い人じゃん
しかも優しいし、タメでいいよなんて嬉し!
あなた
あなた
てつやは怖いとか言ってたけど、全く怖くないやん笑
あなた
あなた
まぁ同性だからかぁ〜
あなたは家に帰り、色々と済ませ、眠りについた。
〜次の日〜
あなた
あなた
ふわぁ〜
あなたは準備などを済ませ、朝練に向かった。
外に出ると、まだ薄暗く寒かった。
階段を降りると、目の前をしゅんが、通り過ぎて行った。
あなた
あなた
(あっ!そうか!今日はお互い一人だもんね。時間一緒だから結局一緒になりそうだけどね笑)
そう思いながら歩き始めると、しゅんはもう結構先を歩いていた。
あなた
あなた
(普段はあんなに歩くの早いのかな?あなた、遅いから合わせてくれてるのかも!?やば!早く歩くようにしなくちゃ!)
そうして、学校に着き、無事に朝練も終わり、りんと教室に向かっていた。
りん
りん
今日も一緒に来たのですか?((ニヤリ
あなた
あなた
ううん、今日は一緒に来てもないし、帰りもしないよ
りん
りん
えぇ!?
二日目にして喧嘩ですか!?
あなた
あなた
あー大丈夫ー笑
喧嘩してないよ
りん
りん
そかそか、良かったわー!
あなた
あなた
なんですぐ、喧嘩になるねん笑
りん
りん
何となく笑
喧嘩してないでよー!?
あなた
あなた
いや、喧嘩した方がいいよ笑
お互いのこと分かるもん
りん
りん
それで別れないといいけど笑
あなた
あなた
流石にそんなんだったら、あなたもやだよ笑
りん
りん
ですよねー笑
あなた
あなた
はい笑
二人で話しているとりんの教室の前に着いた。
りん
りん
ちょっと、やる事あるから、今日は遅れない💦ごめん!
あなた
あなた
ううん、大丈夫よー!
じゃあ、またね!
りん
りん
うん!!
そうして、りんは教室に入って行った。あなたも自分の教室に向かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Y🐼💕
Y🐼💕
バスケ部🏀 #Fischer's#モトキ#マサイ #東海オンエア#虫眼鏡#りょう 毎日投稿できれば、します。 お気に入り、ハートくださると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る