第4話

憧れの存在 〜Ⅲ〜
239
2019/06/16 03:09
 不安とちょっとの嬉しさから溢れた涙が、やっと収まった。すると、手当してくれた男性が、紺色の綺麗なタオルで私の涙を拭いてくれた。あまりにも顔が近くて、思わず見とれてしまった。
…落ち着いた?
う、うん…
(ドキドキしすぎて、
落ち着かないよ/// )
そんなやり取りをしていると、

「ガチャッ」
ただいまー!
たっだいまぁ〜!
とってもカッコイイ2人の男性が帰ってきた。優しそうな瞳も、元気いっぱいな言葉も、全部がカッコよくてドキドキしてしまった。
おー!
おかえり!
待ってたよ〜!
待ってたって…

……え!?
女の子がいる!
リーダーと
同じ反応してる笑笑
本当だ!

しかも凄い可愛い!
……!!?
えっと…

その子どうしたの?
色々あってさ。

今から説明する。
_______________________________________
__________________
マジで!??

記憶喪失になっちゃったの!?
…はい、そうみたいです。
だからさ、
3階の部屋を片付けて
この子を住まわせて
あげようかと思うんだけど…
いいと思うよ!

女の子1人を
外に放っておく訳には
いかないもんね。
いや、
俺も反対じゃないけどさ…
…俺らのライブが
終わった数日後に、
海外公演のために
ロスにいなきゃダメだから、

この家には3ヶ月しか
いれないと思うけど…
その時、
この子のこと
どうするの…?
あ……

そうだった…
…ライブって?
俺らはさ、
あらし」っていうグループで
活動してるんだ。

そこでライブっていう…
…え!?

あらし」!!?
あらしと言われた瞬間、頭の中に何かが浮かんだ。始めはぼんやりとしか見えなかったけど、徐々にハッキリと見えてきた。
それは…目の前にいる5人の男性が、真っ直ぐで、とても綺麗な歌声を響かせていたり、キレの良いダンスや楽しそうにトークしていたりして…きっとどんな女の子でも夢中になってしまうような、ただただカッコイイ姿が、そこにはあった。その中には私もいて…
ど、どうしたの?
思い出しました!

私、ずっと嵐のファンで、
コンサートツアーには
参加したことないけど、
テレビとか、ネットで
嵐のこと見てて、
ずっと応援してて…
あれ……

ってことは
今まで一緒に
話していたのは…
………(/// ^///)!!!!?
全員
(か、可愛いい……///)
あ……そっか。

俺らまだ自己紹介とか
何にもしてなかった笑
ちょうど今
全員揃ってるし、

とりあえず
自己紹介しようか。
相葉 雅紀
はいはーい!!!

俺の名前は相葉雅紀です!
よろしくね笑
櫻井 翔
ちょ……笑
今日いつもより
元気すぎでしょ笑笑
櫻井 翔
…まぁいっか笑

俺の名前は
櫻井翔です。
よろしくね!
松本 潤
次俺の番かな…?

俺の名前は
松本潤っていいます。
よろしくね。
大野 智
俺の名前は
大野智だよ!
よろしく〜!
二宮 和也
もう分かっては
いると思うけど…笑

俺の名前は
二宮和也です!
よろしく!
櫻井 翔
えっと、
君の名前は…

…覚えて
ないんだよね?
櫻井 翔
…どうする?
大野 智
じゃあさ、

自分で
仮の名前を
考えてさ、

その名前で
呼ぼうよ!
…え!?
大野 智
大丈夫!

仮の名前だからさ、
好きなように
考えてよ!
えっと、じゃあ…
(さくら)…とか?
大野 智
いいじゃん!
相葉 雅紀
じゃあ(さくら)、
これからよろしく!
櫻井 翔
いや、まだ
解決してないでしょ。
相葉 雅紀
…あ、そっか。

忘れてた笑
詳しく話を聞くと、嵐の『20周年』を記念して、大規模なドーム公演を3ヶ月後に行うらしい。そのための準備がたくさんあるので、事務所側がこのシェアハウスを用意してくれて、ドーム公演が終わる頃まで、期間限定でこの家に皆で住んでいるみたい。
櫻井 翔
ロスに連れてくのは
さすがに厳しいだろうし…
二宮 和也
3ヶ月の間に、
(さくら)の家族が
見つかるかもしれないじゃん。
二宮 和也
ドーム公演が終わったあと、
数日はここに住めるんだから
もし見つからなかったら、
その時に考えようよ。
大野 智
賛成ー!!
松本 潤
…はい、失礼します。
大野 智
松潤、
誰と電話してたの?
松本 潤
マネージャーと。
この子がここに住むってこと、
ジャニさんに伝えて
貰うようにお願いしてた。
二宮 和也
さすが松潤!

仕事が早い!笑
相葉 雅紀
翔ちゃん、
何か意見ある?
櫻井 翔
俺は、
ニノの言う通りで
いいと思うよ。
櫻井 翔
そのうち、
捜索願いとか
家族の方が
出すと思うから、
その時まで、俺らで
(さくら)を守ろう!
相葉 雅紀
おぉー!!笑

じゃあ改めて、
これからよろしくね💕
…はい!

よろしくお願いします!

プリ小説オーディオドラマ