前の話
一覧へ
次の話

第5話

ドキドキの共同生活
251
2019/06/15 03:20
松本 潤
とりあえず、
3階の部屋に
荷物置いてたら、
片付けてー!
大野 智
えー…俺、
結構色んなものを
置いてた気がするけど…
大野 智
…今日中じゃなきゃダメ?
松本 潤
もう5時だし…

明日の夜までには
片付けてね笑
大野 智
翔ちゃん…

手伝って(*´ `)♡
櫻井 翔
多分、俺も
何か置いてるから、
それ片付けてからね!
大野 智
やったーー!!
相葉 雅紀
じゃあ明日まで、
(さくら)の部屋どうする?
松本 潤
皆、明日仕事ある?
大野 智
俺は明日は
「しやがれ」のロケで、
船乗ってる〜!笑
相葉 雅紀
俺明日、「相葉マナブ」の
ロケ録りがあるよ!
櫻井 翔
俺は午前はオフ!

午後から
ZEROだから、
出てるよ。
二宮 和也
俺は1日オフ!
松本 潤
俺も明日はオフだからさ、

俺かニノか翔ちゃんの
部屋に(さくら)を
泊めよう!
松本 潤
二人とも、明日
ロケで早く出るから、
(さくら)がよく
眠れないでしょう?
二宮 和也
OK!!

じゃあジャンケンで
決めようか。
櫻井 翔
勝った人の部屋に
(さくら)を泊めよう!

じゃあいくよ?笑
3人
さいしょはグー!

ジャンケン…
櫻井 翔
グー!👊
松本 潤
グー!👊
二宮 和也
パー!🖐
二宮 和也
やった!

俺の勝ち!!
松本 潤
じゃあ(さくら)、

今夜はニノの部屋に
泊まってね。
二宮 和也
よろしくー!!
う、うん…///
(今日は、ニノと
一緒に泊まるんだ…///)
松本 潤
じゃあ、風呂湧いてるから
(さくら)1番に入りなよ。
わ、分かりました!
相葉 雅紀
コラコラ笑
相葉 雅紀
俺ら今日から
一緒に過ごすんだから、
タメで話そっ!笑
…うん、分かった笑
相葉 雅紀
(……きゅんっ!♡)
………?

どうしたの…?
相葉 雅紀
…な、何でもないよ!

ほら、早く入りな!!
う、うん……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
二宮 和也
…初めて笑顔見た。
相葉 雅紀
はぁ……
櫻井 翔
相葉さん、
どうしたの?笑
相葉 雅紀
…反則でしょ、あの笑顔は。
相葉 雅紀
もう……

可愛すぎ(///_///)
大野 智
確かにめっちゃ
可愛かった……♡
松本 潤
2人とも
惚れちゃった感じ?笑
相葉 雅紀
そ、そんな訳じゃ…
ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
櫻井 翔
相葉さんの方が
可愛すぎでしょ笑
相葉 雅紀
ま、松潤はあの笑顔見て、
何にも思わなかったのかよ!
松本 潤
俺も最初から
可愛いなって思ってたし。
松本 潤
なんか、
俺の妹が
出来たみたいで、
正直嬉しいよ笑
大野 智
………ニノ?
二宮 和也
……え?何?
大野 智
どうかした?
二宮 和也
え?
べ、別に
どうもしてないけど?
大野 智
耳超真っ赤じゃん。
二宮 和也
コソコソ…
(だってさ、ジャンケン勝てて
嬉しいとは思ったけどさ、
今夜 (さくら)とずっと
同じ部屋にいるんだよ…?

あんな笑顔見せられたらさ、
…落ち着いて居られる
訳ないじゃん。)
大野 智
コソコソ…
(え……ニノも
(さくら)のことが
気になってるの…?笑)
二宮 和也
な……!?
そ、そんな訳ないじゃん!

普通に、ただの可愛い
女の子だよ!!!
松本 潤
ニノどうしたの…?笑笑
二宮 和也
い、いや、
別に何でも
ないから!
二宮 和也
気にしなくて
いいからー!
松本 潤
コソコソ…
(ニノ、すごい
動揺してるじゃん笑笑)
櫻井 翔
コソコソ…
(俺らのグループって
分かりやすいやつ
多すぎでしょ笑笑)
皆どうかしたの…?
全員
……!!?
あ、お風呂
次どうぞー!
相葉 雅紀
お、俺先入る!!
「ピューン!!」って音が聞こえてきそうなぐらい、ものすごい速さで私のそばを相葉ちゃんが通り過ぎていった。
…私、話の邪魔しちゃた?
櫻井 翔
何でもないよ〜笑
櫻井 翔
気にしなくて
大丈夫だから笑
松本 潤
俺そろそろ飯の
準備するわ。

ニノ、手伝っ……
松本 潤
あれ、ニノは?
大野 智
さっき、
自分の部屋の
片付けするからって
出てったよ!
松本 潤
いつの間に…笑
あ、じゃあ私が
手伝います!
松本 潤
おぉ、助かる。

ありがと!
松潤と一緒にキッチンの中へ入ってみると、色々な調味料とか、調理器具がたくさんあったけど、それらの名称や用途はちゃんと覚えていた。松潤が食材を出そうと冷蔵庫を開けると、そこには色とりどりの野菜のサラダやパックに入った料理がたくさん入っていた。きっと、仕事で遅くなった時ように、温めたりするとすぐに食べられるような物が入っているんだろう。
松本 潤
ここシェアハウスだからさ、
もし何かお菓子とか飲み物を
冷やしたかったら、ちゃんと
名前を書くようにしてね。
じゃないと皆が勝手に
食べちゃうからさ笑
うん、分かった笑
私は何を手伝えばいい?
松本 潤
そこに入ってる
皿と、コップと、
箸をテーブルに
持ってってくれる?
松本 潤
(さくら)のは、
棚の1番上にある
お客様用のやつを
出して使って。
分かった!
みんなの分のお皿やコップや箸をテーブルに並べた後、棚の1番上にある物を取ろうとしたけど、あと少しというギリギリの所が届かなかった。
(…どうしよう。)
(そうだ、この空き箱を踏み台にしたら届くかも…!)
空き箱を使って、何とか箸とコップは届いたけれど、1番奥にある皿は、あとちょっとで届きそうなのだけど、届かない。
(もうちょっと…

あと少し……)
(ぅわっΣ(゚ロ゚;)!!?)
動きすぎたせいで、空き箱が床を滑って移動してしまった。
(お、落ちる……!)
ドサッ!!!
(……あれ、痛くない…)
松本 潤
…いてっ…
………!?
下を向くと、松潤が私の体を腕で支えてくれていた。
…!!?

ご、ごめんなさい。松潤!
松本 潤
…いや、大丈夫だから。
松本 潤
ごめん、俺が
先に取っておく
べきだったな……
だ、大丈夫。

松潤に迷惑かけたくないし…
松本 潤
なんでだよ、

これから
一緒に暮らすんだから、
迷惑かけたって
いいんだよ。
松本 潤
いや、むしろ
もっと迷惑かけて。
俺の事頼ってよ。
松本 潤
…じゃないと余計
心配しちゃうじゃん。
ご、ごめん…
…分かった。
次からはもっと頼る。
松潤、ありがとう!
松本 潤
どういたしまして笑

じゃあ次、
こっち手伝って!
はーい笑
___________________________________

プリ小説オーディオドラマ