第13話

pattern 5-王子
546
2018/07/26 11:33
ああ、幸せ。

「あなた、美味しい?」

「うん!」

「そっか」

優しく微笑みかけてくれる、彼氏の陽平(ようへい)くん。

密かに片想いしてたけど、すごくモテるから両想いなんて夢のまた夢だと思ってた。それが先週、まさかの陽平くんから告白してくれて、晴れて恋人同士に。

とにかく優しくて、イケメンだし最高の彼氏。

「陽平くんの焼きそばも美味しそう!」

「食べる?」

「いいの!?食べたい!」

「ふふ、どうぞ」

目を輝かせる私がおかしいのか、くすくすと笑いながら陽平くんは焼きそばの入ったパックを差し出してくれた。

すぐさま食べようとするが、ここではたと気付く。

――これ、陽平くんが貸してくれた箸で食べたら間接キス!?

で、でも手で食べるのとか論外だし……借りるしかないけど……。

「あなた?食べないの?」

「え、えっと……」

あちらこちらに視線を彷徨わせながら、頭の中で打開策を考える。

結局思いつかなくて、焼きそばパックと箸を受け取った。

「美味しい!」

「それはよかった。そういえば、あなたは間接キスとか平気なんだね」

「えっ!!」

かああっと顔が赤くなるのがわかる。

陽平くんにびっくりしたような顔をされて、最悪!と心の中で叫んだ。

プリ小説オーディオドラマ