無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
226
2021/08/31

第5話

5
流星『ねぇ、あなたちゃん自分がどんだけ爆弾発言したか分かってる?』
あなた『?爆弾発言?え?いつした?!?!』
大吾『家くる?ってところ。』
あなた『……あ!お母さん達か!大丈夫!今日お母さん仕事の歓迎会で夜遅いから!』
大吾・流星・和也『いや、そういう訳ではないんやけど、』
あなた『え。』
流星『ほんまあなたちゃん可愛ええな(笑)』
和也『とりあえず、学校出るで(笑)』

















あなた『ここが私の家ですっ』
流星・大吾・和也『………..。』
あなた『あ、えっと、あれ?(笑)』
流星・大吾・和也『同じマンションなんやけど。』
あなた・流星『え?』
大吾・和也『は?』
まさかの同じマンション。







あなた『ただいまぁー』
お母さん『おかえり〜!』
あなた『え、まって、お母さんいたの、飲み会は、?』
お母さん『あなたが心配で帰ってきた!』
あなた『えー』
お母さん『あら?そちらは?』
和也『大橋和也って言います!よろしくお願いします〜!』
流星『大西流星です!あなたちゃんと同じクラスです!』
大吾『西畑大吾です…。』
お母さん『んもぅ、あなたモテるんだからんっ♡』
あなた『いや、そういう訳では、(笑)』
流星『今日あなたちゃん転校初日なのに6人に告白られとったんですよぉ?』
お母さん『え!そうなの?!あなたやるじゃなあい!それで、その6人のうちに御三方も?』
流星・大吾・和也『いやっ、それはぁ〜』
お母さん『みんな見る目あるわねぇ(笑)』
あなた『は。』
お母さん『この子ね?とってもいい子で、勉強も出来て、可愛いし、もう、自慢の娘なんです!』
あなた『分かったから(笑) 部屋行こ?』
流星・大吾・和也『お邪魔します!』









お母さん『ねぇ、あなた』
あなた『ん?』
お母さん『あの中の誰かがあなたの彼氏になるのね』
あなた『は!そんなの決まってないし!』







和也『あなたちゃんっ』
大橋せんせーってバックハグ好きなの。仕返ししよーかな
和也『えっ、ちょ、』
バックハグをしている腕の中でくるんっと回ってせんせーを見たら少し顔が赤くなった
あなた『私をからかいすぎですよ?』
流星『(僕だけなんも攻撃できてない、)』
流星『ねぇ!あなたちゃん!』
あなた『ん?』
流星『僕のこと、呼び捨てで呼んでええで!』
あなた『ほんと?!じゃあ、流星って呼ぶ!』
流星『やった!じゃあ、僕もあなたって呼んでええ?』
あなた『全然バッチグー!』
大吾『俺も、呼び捨てがいい。』
あなた『いいよ!(笑)』
和也『じゃあ、俺も!』
あなた『大橋せんせーはダメー』
和也『えー、なんでなん!』
あなた『だってせんせーだもーん』
和也『………』
大吾『大人の余裕はどうしたん(笑)』
和也『…2人の時だけ、2人の時だけ和也って呼んでくれへん、?』
そんな、捨てられた子犬のような目で見られると……
あなた『じゃあ、2人の時だけ、』
許可出しちゃった、、
和也『ほんま?!あなた大好き!!』
あなた『わっ、』
流星・大吾『(今のままだと大橋に負ける。本気ださな。)』