無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

231
2021/08/29

第2話

2
ガラガラガラ
生徒『あーはっすんやー。』
和也『おはような!』
和也『ほらほら〜席着けー』
生徒『なんか今日のはっすん真面目やなぁー』
和也『なんやそれ!いつも真面目やろ!』
生徒『はっすん彼女出来たとかー?』
和也『んなわけ!』
いつまで話してんだ。
和也『あ!思い出した!あなたちゃん入って!』
あなた『はーい』
生徒『え、はっすんの彼女?』
和也『ちゃうわ!』
生徒『かわいー』
生徒『美人さんやぁ』
生徒『俺一目惚れしたかもしれん(笑)』
生徒『ふざけんなや』
生徒『お?ライバル?(笑)』
和也『ほらー静かにー』
あなた『えっ、と 美兎あなたです 今日からよろしくお願いしますっ』
和也『あなたちゃん美兎ちゃんゆーんやな!』
生徒『はっすん担任なのに知らなかったんかよー』
和也『うるさいわ!(笑)』
和也『えっとー美兎ちゃんはー』
ん?
あなた『………』
生徒『美兎ちゃんどうしたー?(笑)』
あなた『いや、なんでもないです!(笑)』
男子生徒『きゃん♡』
あなた『?』
和也『もーみんなうるさいわ!(笑)』
生徒『ごめんなさーい(笑)』
和也『んで、あなたちゃんは流星の隣りな!』
あなた『りゅう、せい、』
どこか聞き覚えのある安心感のある名前に私は違和感を覚えた。
和也『大西〜』
流星『はーい!』
そこには可愛らしい顔立ちの男の子が手を挙げた
和也『あいつの隣いってき!』
あなた『はーいっ』





流星『僕大西流星!よろしくな!』
あなた『うんっ!よろしく!』
流星『大ちゃんも挨拶しーや』
大ちゃん?『俺はええ。』
流星『なんでなーん?はよあいさつしっ!』
大ちゃんさん?の顔がこっちに向けられた。
あなた『え、えっと、よろしくお願いします!』
大ちゃん?『………ご。』
あなた『?』
大吾『西畑大吾。』
あなた『えっと、西畑さん?西畑くん?大吾さん?大吾くん?えっと、えっと、』
大吾『なんでもええ。』
あなた『じゃあ、大吾くん!』
大吾『好きにしたらええんちゃう?』
流星『ごめんな?大ちゃん基本こんなやねん』
あなた『ほぉ〜』
なんだろ、この子も見覚えある気する。気の所為かな