無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第5話
白石恵
白石恵
(スマホを見て)あ、もうこんな時間そろそろ戻んなきゃ。
そう言って白石は帰る準備をした。
白石恵
白石恵
これ、1000円置いとくね。
緋山美帆子
緋山美帆子
うん
白石恵
白石恵
当直なのでお先に上がらせてもらいまーす。
藤川一男
藤川一男
おう!
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、
緋山美帆子
緋山美帆子
気をつけてね。
白石恵
白石恵
うん。あ、お願いなんだけど洗濯物たたんで置いて欲しい。
緋山美帆子
緋山美帆子
わかった。
冴島はるか
冴島はるか
また、明日。
白石恵
白石恵
うん!じゃあ、おやすみなさい。
そうして、白石は仕事へ戻った。
全員が上がったのは11時頃だった。
めぐり愛の前
藤川一男
藤川一男
あー、飲んだ飲んだ。
なぁ、藍沢!
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、お前が提案してくれたおかげだ。ありがとな。
藤川一男
藤川一男
なーに言っちゃってんの、この幸せものが!
冴島はるか
冴島はるか
笑笑
緋山美帆子
緋山美帆子
笑笑、でも、本当におめでとう、トロントのこと、白石のこと。
冴島はるか
冴島はるか
白石先生ともっと幸せな時間を作ってください。
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ。
緋山美帆子
緋山美帆子
よしー、じゃあ帰るか!
藤川一男
藤川一男
そうだな!じゃ、また明日な〜
冴島はるか
冴島はるか
お疲れ様でした。
緋山美帆子
緋山美帆子
うん、じゃあね〜
藍沢耕作
藍沢耕作
また、明日。
そうしてその日は終えた。


藍沢は家に帰りスマホを取り出した。
藍沢耕作
藍沢耕作
(白石、今日は忙しいのに空気的に無理に付き合わせて悪かったな。当直、頑張れよ!じゃ、また明日な、おやすみ💤)と打ち白石に送った。
白石は急患もなく、すぐに既読をつけた。
白石恵
白石恵
ふふん。藍沢先生、本当は周りに気を使ってくれてるんだな。(全然。こっちこそ息抜きがてらになって楽しかったよ。こちらこそありがとう。おやすみなさい😴)送信っと。



藍沢と白石が付き合って2ヶ月ほどが経った。



朝のカンファレンス
橘 啓輔
橘 啓輔
今日は来月の日程の希望を聞きたい。
とりあえず、来月の日程表を配る。
配り終えて。
橘 啓輔
橘 啓輔
この日程に何か希望があるやつ?
藍沢耕作
藍沢耕作
はい。
橘 啓輔
橘 啓輔
藍沢。
藍沢耕作
藍沢耕作
すみません、16日の午後開けてもらっていいですか?
橘 啓輔
橘 啓輔
16日、、、大丈夫そうだな。じゃあ、16日の午後、藍沢はなしで、フライト藍沢から、んー、藤川頼む。藤川いいか?
藤川一男
藤川一男
はい、大丈夫です。
橘 啓輔
橘 啓輔
じゃあ、午前のフライト、藍沢頼む。
藍沢耕作
藍沢耕作
はい。
橘 啓輔
橘 啓輔
日程表の16日、藍沢と藤川のフライト逆にしといてくれ。
全員
はい。
カンファレンスが終わり。みんなは片付けてカンファレンス室を出て行った。
白石が出ようとした時。
藍沢耕作
藍沢耕作
白石、悪い、ちょっと残ってくれ。
白石恵
白石恵
うん。
カンファレンス室は白石と藍沢の二人っきりとなり。
藍沢耕作
藍沢耕作
16日の午後、デートしないか?
白石恵
白石恵
!!別にいいけど。
藍沢耕作
藍沢耕作
付き合って2ヶ月、忙しくてどこにも連れて行けなかったからさぁ。
白石恵
白石恵
ううん。わざわざありがとうね、私の日程に合わせてくれて。先に言っといてくれれば私から希望してたのに。
藍沢耕作
藍沢耕作
まぁ、でも彼女にそんなことさせられるわけないだろ。
白石恵
白石恵
ふふん😊