無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

第11話
カンファレンスが終わり
白石は一人カンファレンス室に残り藍沢に電話をかけた。



プルルルル、プルルルル
藍沢耕作
藍沢耕作
はい、📱
白石恵
白石恵
あ、耕作?大丈夫?📱
藍沢耕作
藍沢耕作
あー、悪いなぁ。📱
白石恵
白石恵
ううん、こっちは大丈夫。耕作は?熱は?📱
藍沢耕作
藍沢耕作
大丈夫だ。ちょっと熱があって、頭痛がするだけだ。📱
白石恵
白石恵
熱って?どのくらい?
藍沢耕作
藍沢耕作
さっき測ったら38.4度だった。📱
白石恵
白石恵
?!全然大丈夫じゃないじゃん!📱
藍沢耕作
藍沢耕作
大丈夫だよ。さっき解熱剤飲んだから。📱
白石恵
白石恵
まぁ、わかった。今日の夜、そっち行く。📱
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、ほんと、悪いな。📱
白石恵
白石恵
ううん。ちゃんと寝ててよ?なんか、仕事のことで調べたりしちゃだめだよ?📱
藍沢耕作
藍沢耕作
わかってるよ。📱
白石恵
白石恵
じゃあね。📱
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ。📱
そうして、白石は少し不安はあるものの、仕事に戻った。





スタッフステーション
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、藍沢に連絡したの?
白石恵
白石恵
うん。
緋山美帆子
緋山美帆子
どうだった?
白石恵
白石恵
38.4度の熱と頭痛だって。
緋山美帆子
緋山美帆子
仕事終わったら行くの?
白石恵
白石恵
うん。
緋山美帆子
緋山美帆子
じぁ、今日は19時に上がりな。
白石恵
白石恵
えっ、いいの?
緋山美帆子
緋山美帆子
いいよ、なるべく早く行ってあげたほうがいいでしょ?白石の仕事は私がやっとくよ。
白石恵
白石恵
でも、、、
緋山美帆子
緋山美帆子
いいんだよ、橘先生にはこっちが話つけとくし。
そこに藤川が来た
藤川一男
藤川一男
そうだよ、俺らで残った仕事やっとくよ!だから藍沢の看病してやれ。心配なんだろ。
白石恵
白石恵
🙏🏻ほんと、ごめん!ありがと!
なるべく、負担かけないように仕事片付けておくから。
緋山美帆子
緋山美帆子
うん!
藤川一男
藤川一男
任せとけ!
白石恵
白石恵
うん!じゃあ、そろそろ外来行ってくる。
藤川一男
藤川一男
おう!
緋山美帆子
緋山美帆子
行ってらっしゃーい
白石は患者が来ない間の時間はひたすらカルテを書いていた。




12時30分頃
外来も午前の部が終了した。だが白石はカルテをまだ書いている。
そこへ緋山が入ってきた。
緋山美帆子
緋山美帆子
(扉も開けながら)白石〜
白石恵
白石恵
おぉ!緋山先生!
フライト何本きた?
緋山美帆子
緋山美帆子
1本だけだったよ。白車が1台きたけど。
どう?帰るまでには終わりそう?
白石恵
白石恵
今、3分の1くらい終わった。
早く、これ終わらせてHCUとICU行かなきゃ。
緋山美帆子
緋山美帆子
とりあえず、お昼食べない?
白石恵
白石恵
今何時?
緋山美帆子
緋山美帆子
12時35分
白石恵
白石恵
もうそんな時間かぁ。よし、先食べて午後の部の外来前に3分の2終わらせれるようにしよ!
緋山美帆子
緋山美帆子
行こ!
2人は食堂へ行った。食事を持ってきて、席に座った。
白石恵
白石恵
ちょっと、耕作に電話するから先、食べてて。
緋山美帆子
緋山美帆子
OK。いただきまーす。
プルルルル、プルルルル、プルルルル、
白石恵
白石恵
あ、耕作?📱
藍沢耕作
藍沢耕作
なんだ?📱
白石恵
白石恵
体調どう?📱
藍沢耕作
藍沢耕作
薬飲んだけど、熱が下がらないんだ。恵、悪い、処方箋出してくれないか?📱
白石恵
白石恵
わかった。ねぇ、ほんとに大丈夫なの?📱
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、📱
白石恵
白石恵
お昼ご飯は?食べた?📱
藍沢耕作
藍沢耕作
いや、食欲なくて、、、📱
白石恵
白石恵
わかった。夜の7時30分くらいにそっち行くから。📱
藍沢耕作
藍沢耕作
サンキュ。📱
白石恵
白石恵
じゃあね。(不安そうな声で)📱
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ。📱
プー、プー、
緋山美帆子
緋山美帆子
藍沢なんて?
白石恵
白石恵
熱が下がらないんだって。食欲もないみたい。
緋山美帆子
緋山美帆子
そっか、、、心配だね。
白石恵
白石恵
うん、、、
緋山美帆子
緋山美帆子
早く、食べなよ。午後の部の外来始まっちゃうよ。
白石恵
白石恵
そうだね。いただきまーす!