無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第9話
アウトレットモールにつき白石と藍沢は2時間くらい洋服や、物価などを見回った。




午後4時ごろ
白石恵
白石恵
あー、楽しかった!
藍沢耕作
藍沢耕作
ふふん
白石恵
白石恵
いつも、こんなに見る時間取れなかったからさ!
藍沢耕作
藍沢耕作
まぁな。
そう言いながら二人は車に乗り込んだ。
藍沢耕作
藍沢耕作
夜ご飯、どうする?
白石恵
白石恵
あー、耕作どっか予約してたり、決めてたりする?
藍沢耕作
藍沢耕作
いや、特には。
白石恵
白石恵
んー、でももうすっごいお腹減ったから、近場の店がいいな。
藍沢耕作
藍沢耕作
オッケー
その後、2人は焼肉を食べにいった。
2人はいつも仕事をしている時の感情が今では恋心に変わっている。



夜9時ごろ
白石のマンションの家の前で藍沢車を止めた
藍沢耕作
藍沢耕作
じゃあ、おやすみ。
白石恵
白石恵
うん、今日は楽しかった、、、
藍沢耕作
藍沢耕作
どうした?
白石恵
白石恵
もう、7月の半ばじゃない?
藍沢耕作
藍沢耕作
うん。
白石恵
白石恵
耕作がトロントに行くまで後、約5ヶ月しかない。年明けには本当に向こう行っちゃうんでしょ?
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、年明けにはな。だから一緒に過ごせるのも1月5日ぐらいまでだと思う。
白石恵
白石恵
遠距離恋愛になるね。
藍沢耕作
藍沢耕作
そうだな。
白石恵
白石恵
なんか、寂しいな。耕作がいなくなると。
藍沢耕作
藍沢耕作
トロント大の期間は短めにしてもらおうと思ってる。3〜5年くらいに。
白石恵
白石恵
長いなー
藍沢耕作
藍沢耕作
でも、毎日、電話とかはできるだろ?
白石恵
白石恵
でも、、、今日1日耕作と過ごしてて、やっぱり私、耕作のことが本当に好きなんだって感じた。
藍沢耕作
藍沢耕作
恵、、。
白石恵
白石恵
だから寂しいなって。数ヶ月も先のことなのに。
藍沢耕作
藍沢耕作
数ヶ月だからこそ、好きな人のことを意識しちゃうんだよ。後、数ヶ月、なるべく近くでいような。お互い。
白石恵
白石恵
うん!
いつもいるけどね。
藍沢耕作
藍沢耕作
こんな、話をしたからこそだよ。
白石恵
白石恵
まぁ、そうだね。よし!じぁ、また明日仕事でね!本当に今日はありがとうね!おやすみ。
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、おやすみ。