無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

第14話
22時になり、テレビを見ていた白石はソファで寝てしまっていた。
白石恵
白石恵
💤💤
藍沢耕作
藍沢耕作
(今日は、お疲れ様。可愛い、、、)
藍沢は、白石の上に布団を掛けた。
藍沢耕作
藍沢耕作
おやすみ。
藍沢はその後、熱が下がったのでは?と思い、熱を測った。
すると、37.5度まで下がっていた。
藍沢耕作
藍沢耕作
(熱、下がってる。よし、早く寝て、明日仕事に行けるようにしよう。)
翌日、5時ごろ
白石恵
白石恵
ん"?
白石は目を覚ました。
白石恵
白石恵
(あ、寝ちゃってたんだ。)
白石は、顔を洗い、朝ごはんの用意をした。
6時頃
藍沢耕作
藍沢耕作
恵〜、おはよー。
白石恵
白石恵
おはよ〜、耕作、熱どう?
藍沢耕作
藍沢耕作
多分、下がったと思う。一応、測るけど。
白石恵
白石恵
ご飯の用意できてるから、熱測り終えたら、顔洗って食べな。
藍沢耕作
藍沢耕作
サンキュ。
ピピピピッピピピピッ
白石恵
白石恵
何度?
藍沢耕作
藍沢耕作
37.0度だ。
白石恵
白石恵
微熱か、、、頭痛とかはないの?
藍沢耕作
藍沢耕作
頭痛はないよ。
白石恵
白石恵
今日、仕事行けそう?
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ。顔洗ってくる。
白石恵
白石恵
うん。
藍沢は、顔を洗い終えて。
藍沢耕作
藍沢耕作
お待たせ。
白石恵
白石恵
よし、いただきまーす。
藍沢耕作
藍沢耕作
いただきます。
2人は朝食を食べ終えて。
藍沢耕作
藍沢耕作
ごちそうさま。
食器をキッチンに運び込み。
藍沢耕作
藍沢耕作
恵も、食べたら持ってきな。
後片付けは俺がやるから。
白石恵
白石恵
いいの?
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、当然だろ。
白石恵
白石恵
ありがとう。
7時30分になり
藍沢耕作
藍沢耕作
恵、そろそろ仕事行くか?
白石恵
白石恵
うん。
7時50分  医局
白石恵
白石恵
おはよー
藍沢耕作
藍沢耕作
おはよー
緋山美帆子
緋山美帆子
おー、藍沢、体調大丈夫?
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、緋山、昨日はフライト変わってもらって悪かったな。
緋山美帆子
緋山美帆子
ううん、大丈夫。昨日は何も担当当たってなかったから。
その時、藤川が来た。
藤川一男
藤川一男
おはよー
緋山美帆子
緋山美帆子
おはよー
白石恵
白石恵
おはよう
藤川一男
藤川一男
おー、藍沢!大丈夫か?
藍沢耕作
藍沢耕作
おぅ、ありがとうな。
カンファレンス
橘 啓輔
橘 啓輔
おはよう!
全員
おはようございます。
橘 啓輔
橘 啓輔
藍沢、大丈夫だったのか?
藍沢耕作
藍沢耕作
はい。もうすっかりです。
橘 啓輔
橘 啓輔
あんまり、無理はするなよ。
藍沢耕作
藍沢耕作
はい、ありがとうございます。
こうして、藍沢は、また今日からいつもの戦場で働いた。



藍沢がトロントに行くまで残り、1ヶ月と3週間